FC2ブログ

西原春夫先生 講演会 (ご報告)

               西原春夫先生 講演会(ご報告)
      「迫りくるシンギュラリティへの準備~特に日中関係と法律の立場から」



7月8日(日)市内のホテルにて、掲題の「講演会」と先生の「卒寿をお祝いする会」を、
町田稲門会・女性委員会の企画で開催した。Singularityとは直訳すると「技術的特異点」とのことだが、最近では「人工知能が進化し、人間の知能を超える能力を持つようになる転換点」を意味し、特定領域のみに役立つ「特化型AI」から、あらゆる領域に臨機応変に対応できる「汎用型AI」へ到達した時とされ、それは2045年頃に到達との予測があるとのこと。人間よりも優れた判断力を持つAIをどのように位置づけ、どのように付き合っていくべきか考えていかねばならないとのことであった。
同様に、遺伝子組み換え技術についても触れて、これらの問題解決には法律家の行動が期待されるとされた。
また、憂慮すべき問題として、中国との付き合い方について、同じアジアの仲間として共に考えていくべきとの持論と、民間交流の重要性に触れられた。
一時間半を超えるお話に、出席者一同感謝、感激であった。

<出席者>:石黒重人、伊藤功、梅橋敏博、大津忠彦、大塚崇之、菊池紀男、小早川啓一(町田三田会)、齋藤泰弘、清水氾雄、志村宏、鈴木慧、武田喜和、田中憲、得田正、馬場昇、藤田安彌、山越千秋、吉田宏、吉田昌雄、
安藤淑子、石井幸子、浦野多紀子、大河内則子、大野真美(府中)、北島柳子、齋藤節子、下川けい子、白石旺子、杉本弘子、田崎麻里、中野慶子(調布)、名取美幸、西村洋子(西原ゼミ)、馬場サエ子、籾井博子、山田弘子(稲城)、吉川康子(稲城)・・・ 計37名  
                                           <鈴木 慧・記>
リンク
月別アーカイブ