FC2ブログ

大学ラグビー決勝戦応援・観戦記―激闘の末涙

日時:H26 年1月12日 PM1時キックオフ
対戦:早稲田大学対帝京大学
場所:国立競技場
参加:岡村岑生(S35商)鈴木慧(S45商)藤田成和(S45理工)
   柏木芳夫(S48商)吉田昌雄(S46法)

報告
 昨年末から順当に勝ってきて宿敵帝京大学との頂上決戦である。対抗戦で負けているので「倍返し」の戦いでもある。
 改修に入るため最後の国立競技場での決勝戦であるし、帝京の5連覇阻止の戦いで熱戦も想定されることから予め指定席を確保し観戦に臨んだ。
 キックオフ開始早々早稲田のノーホイッスルトライで7点先取し幸先良い。しかし敵も然る者FWの仕掛けが早く早稲田ボールを再三ターンオーバーしトライにつなげる。前半は10対12で拮抗して終わるが、後半は帝京にノーホイッスルトライでリベンジされるとあっという間にダブルスコアで敗色濃厚。ア~もう駄目だ。
 そこからが今年の早稲田根性は違った!14番荻野岳志が連続トライで、後半28分には29対34と1トライ差まで迫った。後一歩だったが早稲田のノッコンから帝京にトライをされ万事窮すでした。
 全体の流れでは帝京の早いつぶしに早稲田がついてゆけず、得意のFB藤田まで回せなかったことが敗因だと思います。最後まで期待を抱かせる良い試合でした。

                                文責:吉田昌雄
リンク
月別アーカイブ