FC2ブログ

H22年六大学野球秋季リーグ戦観戦報告

10月31日(日)昨日の雨も上がり晴天
昨日が雨天中止だったため、今日が1回戦です。一勝すれば早稲田は優勝です。斎藤、福井、大石の継投で楽勝だよね~。と余裕の冗談を言いながら、祝勝会の予約を「魚や一丁」に入れていました。
慶應の先攻斎藤の先発で始まって5分。あれ~渕上の先頭打者ホームランです。更に6回に追加点を入れられ、打線は湿りっぱなしで0-2の敗戦です。
「もう、負け神の俺は同好会部会長失格だよね」連戦連敗の僕が嘆くと、岡村先輩がすぐさま「何言っているんだよ、お前にそんな影響力なんかないよ、うぬぼれるな!」と励ましとも、同情ともいえないきつい一言。
今回の観戦は20名が応援参加してくれました。新人の福富さん、桜田さんこれからも宜しくお願いします。
町田に戻り、例の店で「残念会」を開催しました。
参加者:浅井さん(S35法)、大島さん(S41理)岡村さん(S35商)御夫妻、亀田さん(S37法)と御家族、駒津さん(S42商)三遊亭らん丈さん(H19社)御夫妻、鈴木さん(S45商)、田中さん(S47商)馬場さん(S32文)、藤田さん(S45理)村崎さん(H10商)、桜田さん(H7文)、福富さん(13理)、吉田(S46法)と友人。
50年ぶりに慶應との優勝決定戦が11月3日(祝)行われました。
前売り券を求めてプレイガイドに行きましたが、内野席は指定、一般共に売り切れ、かろうじて外野一般を5枚確保できました。球場は3万5千人、超満員で試合2時間前なのに異様な熱気でムンムンです。
試合は、斎藤が7回まで無安打投球、大石が5点差を守って10-5で圧勝でした。
応武監督は見事な演出家です。
ラクラク優勝できるリーグ戦を慶應に2連敗し、優勝決定戦で斎藤、大石のリレーで圧勝。応武監督自らの花道を飾るとともに、翌日のスポーツ紙1面を見事早稲田カラーで埋め尽くしました。
神子さんの娘さんと合流し、大学本館での祝賀会に参加しました。大隈講堂の前は2千人ほどの人が集まっていました。その中で校旗を先頭に応武監督、斎藤主将らメンバー、ブラスバンドが進んできます。拍手の中を勇壮に歩くその光景は「赤穂浪士が吉良を打ち取って雪道を引き上げる光景」をだぶらせて思い起こさせます。
斎藤主将の挨拶が泣かせます。「僕は何か持ってると言われ続けてきました。それが何かを考えてきました。今日わかりました。(一呼吸おいて)それは“仲間”です。自分を一緒に支えてくれた仲間、ここにいる全ての仲間です!
斎藤がプロになって成功するかはわかりません。でも人間的にす~ごく応援したくなりました。さすが早稲田マン!
以上感激冷めやらぬ中で報告を終わります。
参加者:岡村さん(S35商)御夫妻、神子さん(S60文)と娘さん、吉田(S46法)
記;吉田昌雄(スポーツ観戦同好会部会長)










リンク
月別アーカイブ