FC2ブログ

六大学野球春季リーグ戦早慶戦記

天気予報に心配しながら朝早く目が覚めた。天気は曇りながら時折太陽もみせるという。
早慶戦は雨になるわけがない、と独り言をいいながら町田駅に、
途中中野屋さんで弁当を仕入れ駅に向かう。駅では佐藤さん、岡村さん、益弘さんと合流し、
神宮球場へ。信濃町駅ではいつもより応援が少ないよな~、斎藤は土曜日投げちゃったし、
優勝はないし、でも早慶戦は僕たちにとって別だよな~、な~んて。
佐藤さん、益弘さん、岡村さんは先発は松下だ、いや大石だ、なんて予想している。歴代で誰の
球が一番速いか、江川が一番だと益弘さん。球がホップする?どんなに速くても球はホップしない、
と岡村さん。星野が聞いたらビックリするほどの評論家ぞろいである。
先発は福井である。ありゃ!ショートの大石ってピッチャーの?背番号は15?ホントかよ?
野手の奮起を促す應武監督の先を見た作戦だ!なんて佐藤さん納得しないで首をかしげる。
それが、2回に大石が3塁打、福井がホームランを打つし、5回までに6対3と楽勝ムードで~す。
点が入っても紺碧を肩酌み交わし歌えないのがちょっと残念!まあいいか、7回には校歌を歌うぞ!
ありゃ!5回終了から雨脚が強くなり、緊急退避です。僕は晴天を信じてきたので、雨具がありゃ
しません。先輩達は裏切って傘や雨具持っています。岡村さんが、おいカッパ貸してやる!と
見るとピンク色のド派手なカッパです。どうせならエンジ色にしてくれたらよいのに。
でも助かりました。ありがとうございます。
結局、我々は、そこでわが母校の勝利を信じて神宮球場を後にしたのであります。
当然二次会は町田「庄や」で執り行いました。
試合結果は6対5で早稲田の連勝で春季2位となりました。
それは当然として、早慶戦で雌雄を決し、優勝してこそ美酒に酔えるというものです。
そうではありませんか!春季の早慶戦は甚だ不本意であります。
斎藤も、土生も、松本も、宇高も精進し秋には奮起して、優勝の美酒を酌み交わせるよう
頑張ってほしいと願います。
今回は5回で退場したため観戦記が成り立ちません。秋にはその感動を十分伝えられることを
期待します。
5月31日(日)
六大学野球春季リーグ戦早慶戦
今回参加者:岡村さん、佐藤さん、益弘さん、吉田以上4名

記;吉田











リンク
月別アーカイブ