FC2ブログ

モディリアー二展と六本木ヒルズでの昼食

4月9日は、前日の春の嵐がおさまって穏やかなお出かけ日和となりました。
国立新美術館はその外観が大都会の雰囲気とマッチして魅力的に立っていて私たちを迎えてくれました。

女性サークル1

モディリアーニ展は、彼の芸術家としての人生の航路を見せてくれる展覧会でした。
芸術家モディリアーニが、若い頃に彫刻家を志したこと、そのためアフリカの美術に大いに触発されスケッチを残していること、そのフォルムが後の彼の人物像の原点を成していることが特に興味深く展示されていました。
また、その後、結核のため彫刻を続ける体力がなく諦めたとのこと。
それが、このようなモディリアーニという独特の人物像となって、現代の私たちの目に映るのだろう、
なるほど・・と胸にすとんと落ちるものがありました。
また、モディリアーニの人生に母、恋人、妻といった女性の果たした役割がいかに大きかったかも私たちの胸を打ちました。
かつて 「モンマルトルの灯」と題する モディリアーニの生涯を現した映画がありましたね。
あの中でも、妻ジャンヌの存在が印象に残っている方もあるのでは・・・・・・
そんなこんなを、東京タワーの見える六本木ヒルズの52Fにうつって語り合いました。

女性サークル2


和食の昼食、そしてコーヒーとケーキ・・・・・・( ^-^ )6人で心ゆくまで楽しみました。
今回参加できなかった方も、次の機会はぜひご参加下さい!!
また、皆さんとご一緒に出かけましょう。語り合いましょう。

参加 あいうえお順
出席者;井上 陽子 (S41教育)伊藤 直美(H1二文)北島 柳子(S30文)斎藤 節子(S34法)白石 旺子(S42文)吉村 こずえ(S49教育)

記;吉村こずえ

女性サークル3
リンク
月別アーカイブ