FC2ブログ

“迎賓館赤坂離宮”見学随感

 門を入ると、最初に案内されたのは手荷物検査の場所。荷物を点検された後、持参したお茶については“一口飲んで下さい”と言われ、いささか戸惑いつつも無事通過して先へ進む。今回は予め氏名・住所・生年月日の事前申告があり、当日は身分を証明する何らかのものを持参する必要があった。警備が厳重と思われたわりには、本人確認の作業は意外にあっさりしたもので、提出書類と証明書の名前の照合のみであった。
 いよいよ目指す建物の中へ。そこはまるで異次元の空間。フランスのヴェルサイユ宮殿を思わせるような豪華絢爛ぶりである。日本に居ながらにして、ヨーロッパの王宮を観る思いだ。
 迎賓館は、かつて井戸屋敷があった場所に、明治42年東宮御所として建設されたもので、当時の一流建築家や美術工芸家が総力をあげて建設した、日本における唯一のネオ・バロック様式の宮殿建築とされる。
 一見、西洋の模倣そのもののようにもみえるが、内部は日本的な巧みの技に満ちている。2階の大ホール正面の壁には、左右に小磯良平画伯の作品が飾られ、花鳥の間には天井に36枚の油絵、欄間に張られた金綴織、壁面には30枚の楕円形の花鳥の七宝などなど。聞くところによれば、この七宝は7千万円相当の価値があるとか・・・
 花鳥の間の他に、彩鸞の間・旭の間・羽衣の間とそれぞれ趣向をこらした部屋が続くのだが、羽衣の間の3基のシャンデリアは圧巻であろう。高さ3メートル、重さ800キログラム、およそ7000個もの部品で組み立てられていて、壁は楽器・楽譜をあしらった石膏の浮き彫りで飾られている。また正面の中2階はオーケストラボックスとなっており、かつてこの部屋が、舞踏会の部屋として設計されたことが偲ばれる。実際には雨天の際の歓迎行事、レセプションや会議場に使われているようである。
 そもそもこの建物は、第2次世界大戦後皇室から国に移管され、国立国会図書館や裁判官弾劾裁判所、内閣憲法調査会、東京オリンピック組織委員会などに利用されてきたのだが、その後の国際情勢の変化に伴い、外国の賓客を迎えるための迎賓館として改修されたものである。しかし利用されるのは年に10数回とか、警備や維持管理の問題があるにせよ、少し“もったいない”と感じるのは私だけであろうか。
 外へ出ると、全面砂利敷きの庭園が広がる。中央には大きな噴水と周りに花壇がある。噴水の前で全員記念撮影。思い出に残る1枚になりそうだ。
 この企画については、吉田幹事長の労をねぎらい感謝したいと思う。また小早川名誉会長はじめ、参加された三田会の方々にも心からのお礼を申し上げたい。
 美しいもの、素晴らしいものに出会い、また友との語らいの中で共感を見出した時の喜びなど、稲門会活動の中で得られる小さな幸せをこれからもより多くのの校友と共有したい、と願うこのごろである。

  註  迎賓館見学  2016年6月2日(木)
      参加人数    21名(夫妻での参加4組 三田会5名)
      見学終了後、町田小田急デパート8F旬花にて懇親会

            記: 齋藤 節子(S34法卒)

読書同好会設立の御案内

 梅雨真只中ですが皆様お元気ですか?
 下記ご案内申し上げます、ご興味ある方の参加を募ります。
             記
 (1)日 時: 隔月、第1木曜日(第1回は8月4日)
           15:00~18:00 
 (2)場 所: 中央公民館又はことばらんど、会議室
              *確定後連絡致します
             (場合により適宜レストラン等にすることあり)
 (3)趣 旨: 「文字を読む楽しみ」を共有する人達の親交を通じ余暇を楽しむ。
          ”人は皆、一つの情報に違った解釈を”
 (4)内 容: 何をする?
           *これまでに読んだものの感想を持ち寄っての意見交換
             昨日の新聞のコラム、
             1ヶ月前に読んだ随筆、
             去年読んだ小説、
             5年前に読んだ芥川賞作品
             青春時代に読んだ古典

           
           *源氏物語の研究から日本文化を考える
              誰の現代語訳が面白いのか
                ●すでに読んだ方ご指導下さい

           
           *文章と映像の関係を考える
               原作~脚本~演出の関係
               創造と解釈の関係を語り合う
                                                 以上
        連絡先:副会長 西川新八郎(090-2560-5797)
                      

映画同好会開催の御案内

 梅雨真只中ですが皆様お元気ですか?
 ご存じの方もおいででしょうが、部長の村崎君が業務多忙で動けず、代行で同好会設立・前部長の私儀西川が今回ちょっとお節介を。
約1年半休会・休眠状態でしたので、これまでご参加の方々中心にご連絡申し上げます。  
 久し振りの開催です、膨らんだお腹を平らにして下さい。
 但し、熱くならないことをルールとしましょう。
             記
  (1)日 時: 7月21日(木) 15:00~18:00 
  (2)場 所: ペダラーダ(旧市役所分庁舎1階)
             10名で予約済です。
  (3)テーマ: 「1960年代前後という時代」と現代との往来を通して
            映画と時代を語る。
  (5)時間割: 挨拶(兼司会・西川)*時間割は目安です。
            第1部(15:05~16:00)
                 「映画と私」/小泉 澄(きよし)氏
            第2部(16:05~17:00)
                 あの時代の映画と世相~座談
            第3部(17:05~18:00)
                 21世紀/現代、の映画について~座談
        
       ここまで、会費1,000円(参加費&コーヒー代)

       ここから時間の許す方、懇親会(18:05~20:30)会費2,000円    
         ワイン夕食懇親会 (グラスワインとワンディッシュ)
          
          通しでの参加費は3,000円

        入会者のご紹介
            ●小泉 澄(きよし)氏
              今年稲門会入会、政経s38年卒
              町田出身(1小~1中~都立新宿高校卒)¥
              ソフト関連会社創設・経営、元大学教
              映画DATA各種・無数、コレクター&ライター、蔵書家
               
                                            以 上

               連絡先/西川携帯:090-2560-5797

俳句同好会 吟行のお知らせ

 俳句同好会は、月1回・第3水曜日・13:30より、町田市民文学館ことばらんどにて活動を行っています。
 10月19日(水)に吟行を行います。
 同好会の会員以外の方のご参加も歓迎いたします。
 ご興味のある方は、ぜひお気軽にご参加ください。
 詳細は以下の通りです。
          記
 (1)日時:10月19日(水)13:00~16:00
 (2)場所:小野路交流センター
 (3)参加費:無料
 (4)昼食代:うどん(¥550)
 (5)日程:10:30 小野路交流センターに集合
         10:40 ~ 12:50   各自吟行
         13:00 ~ 13:45   3句出句、3句選、 清記他準備 
         13:45 ~ 16:00   句会
         16:15           現地解散   

      連絡先と問い合わせ:事務局 西川新八郎 090-2560-5797


西原元総長を囲む会のお知らせ(再掲)

 新緑の爽やかなこの頃ですが、皆様にはお元気にお過ごしのことと存じます。恒例となりました女性サークル主催「西原元総長を囲む会」を今年も開催する運びとなりました。
 貴重なこの機会を「女性サークル」のメンバーだけでなく、町田稲門会並びに地域にお住まいの皆様にもお知らせ致したくご案内申し上げます。
 奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。
               記
(1)開催日:平成28年6月12日(日)
(2)会場:ベストウエスタンレンブラントホテル東京町田(旧 ホテルザエルシー)7F      
             ℡ 042-724-3111
(3)集合:11:40AM、開始12:00PM~終了14:30頃
(4)会費:4,000円(おひとり様食事を含む)
(5)形式:テーブル席、お食事後ご講演

 参加ご希望の方は6月8日までに女性サークル部長 吉村こずえ 迄
      (携帯090-4200-4549、メールkoucha-@ezweb.ne.jp,)

卓球同好会 6月、7月の開催日

第151回  6月 9日(木曜日)  サン町田旭体育館2階多目的室  15:00 -18:00

第152回  6月30日(木曜日)         同上              同上

第153回  7月 7日(木曜日)         同上              同上

第154回  7月14日(木曜日          同上              同上

 5月12日は皆様のご支援で、開催150回目を迎えました。継続は力なり。これを祝って、ささやかなパーティを開きました。腕を振るい体を鍛え、楽しく愉快に心身充実を図り次の節目を目指すことにしました。卓球は瞬発力、直感力を養うことが出来るスポーツです。体力を維持、向上させるにはもってこいの運動です。是非お気軽にご参加ください。
 5月12日から、卓球協会の方針に従って プラスチック ボール を使用しています。 

                                   
                                     卓球同好会代表 馬場 昇
リンク
月別アーカイブ