FC2ブログ

次回映画同好会のご案内と前回のご報告

みなさま、ご無沙汰しております。
遅くなりましたが、7月に開催された第14回映画同好会について、ご報告致します。

7/18(土) 18:30から まちだ中央公民館学習室5
①映画「60歳のラブレター」の講評と②最近見た映画の感想を発表しました。

①については、全般的に設定が甘いという声が多く聞かれました。
監督や脚本が30代(私と同じ世代)ということもあり、
人生経験豊富な稲門の諸先輩方は
さまざまなシーンで首をかしげることが多かったようです。
また、映画自体が「夫婦のかたち」をテーマにしているため、
既婚者と独身(私が該当)では受け取り方が違った感じでした。
その中でも、イッセー緒方と綾戸智恵の夫婦像はよいという意見があり、
悪口を言い合い、喧嘩しながらでも、夫婦としてお互いを支え合う姿に
より親近感を覚えたのではないかと思われました。

②については、さすがというべきか、話題が豊富すぎて、
残念ながら拾いきれませんでした。
ただ、メリル・ストリープという女優さんの評価が高いことは、
参加者全員の意見でした。
また、その映画はこのワンシーンの為だけに撮影されているようなところがある
という映画論も展開されました。
まったく違う話ですが、アメリカには戦争を請負う民間の警備会社があることも
話題に上りました。

参加者:西川新八郎さん、白石旺子さん、鈴木慧さん、伊藤直美さん、村崎努

毎回、自由気ままに放談する形式ではありますが、
参加者の皆様が活発に発言して下さるので、大変感謝しております。

さて、次回の開催案内です。
9/26(土) 18:30からまちだ中央公民館学習室
①映画「劔岳 点の記」の感想
②私のお気に入りのワンシーン

この二つのテーマで次回も歓談したいと思います。

映画「劔岳 点の記」のホームページは http://www.tsurugidake.jp/ です。
町田に近い映画館では、「109シネマズグランベリーモール」と
「MOVIX橋本」と「ワーナーマイカル多摩センター」です。
いずれも9/4までの上映となっておりますので、ご注意ください。

いつもご案内が遅くなり、誠に申しわけありません。
どうぞ次回も奮ってご参加ください。

エッセイ同好会のご案内

平成21年第3回定例会のご案内

開催日:平成21年10月1日(木) 18:00~20:00
会場:中央公民館・和室2

町田稲門会・エッセイ同好会定例会は偶数月の第1木曜日です。
新入会員を募集します。

記:町田稲門会エッセイ同好会 江尻一征









女性サークルと映画同好会との初コラボレーション

女性サークル映画同好会コラボ

8月1日(土)、ことばランド(町田市文学館)で開催中の「安野光雅展」の鑑賞と、その後に感想を語り合うランチミーティングを企画、8名の参加のもと、こころ豊かな週末のひと時を一同、過ごすことが出来ました。
発端は、映画同好会の西川さんの発案でした。西川さんはお子様の小さかった折、安野光雅さんの絵本で幼児教育をなさったとか。思い出深い絵本の数々とも出会えることから、日ごろ絵画鑑賞など楽しんでいる女性サークルとの合同で、会を持ちたいとの主旨からのご提案でした。参加者はあいうえを順に

井上陽子(S41教・地歴)喜谷かおる(H14文)齋藤節子(S34 法)
下川けい子(S52文)下川優生(ゆうき・けい子さんのお嬢さん)
白石旺子(S42文)西川新八郎(S38 理工)吉村こずえ(S49教・国文)

当日は、まず11時から、ことばランドで展覧会を鑑賞。参加メンバーは、おもい思いに会場内を巡りました。ビデオにより安野さんのふるさと「津和野」に思いをはせたり、「旅の絵本」の原画の前で、新たな発見をして絵本の世界に遊んだりしました。この「旅の絵本」のなかには、安野さんらしく隠し絵がたくさん描きこまれています。たとえば、マリリン・モンロー、ソフィア・ローレン、ジェームス・ディーンなどの映画スターのスナップをはじめとして、なんとキリストの生涯までもが……もちろん安野さんご自身もです。ちょっぴり、ヒッチコックの映画作りと共通する点があるんですね!
さて、ランチは会場をホテルエルシーのレストラン「カリヨン」に移して7名で楽しみました。安野さんの話題から始まって、皆さんの現在の関心事まで、幅広く語り合うことが出来ました。今年の総会からデビューしてくれた喜谷さん、そして20代半ばの下川さんのお嬢さんも加わり、幅広い年齢層での会話は、新鮮な空気に包まれていました。新メンバーの登場で、今回の企画は充実したものにすることが出来ました。当日はプロバンスコースのお料理で、ヨーロッパを旅した安野さんの絵本と共通するところがありました。

同窓会の楽しさのひとつに、偶然とはいえ、同じキャンパスで学んだ、しかし、今までは他人だった方たちとの出会いがあると思います。今回の女性サークルと映画同好会の初のコラボも、この出会いに彩られました。これからも、こうした出会いと、そして会話のできる機会を創り出していけたら、町田稲門会の皆様に寄与できるのではないかと思っています。今回参加できなかった皆様のために、9月の半ば過ぎにも同様の会を開こうかと思っています。ご興味のあるかたは、吉村こずえまでご連絡ください。
                














囲碁将棋たより

平成21年第8回同好会
■ 開催日 :平成21年8月3日(月) 13:00~17:00
■ 会場 :囲碁将棋サロン「本因坊・町田」(竹内ビル)
■ 出席者 :春畑陞(S37文)、白水順三(S31政経)、後藤直樹(S38政経)、
太田皓久(S32政経)、岡田正記(S37法)、折茂尚夫(S41理工)、大川智生(S35商)、江尻一征(S41理工)
          (議事録作成:江尻担当)(順不同、敬称略以下同様)
■ 同好会内容:
1. 今回の定例会は、自由対局を楽しみました。

2. 夜は、懇親会を「魚一丁」にて。

3. 本年当面の企画事項:
(1) 第3土曜日(8/15)は、三田会の方々との合同定例会です。
(2) 来月の定例会は、9/7(月)で、四半期一度の「囲碁大会」です。
(3) 「厚木稲門会」との親善囲碁会は、別途日程調整をしますので、各位の参加をお願いします。
(4) オール早稲田主催、第9回稲穂会囲碁大会を案内して参加を募集しています。
日時:平成21年9月27日(日) 対局 11:30~17:00(受付開始11:00)
場所:早稲田大学学生会館
締切:9/10(木)
恒例の大会ですので、参加しましょう!

以上


記;町田稲門会囲碁将棋同好会 江尻一征


















第9回境川クリーンアップ作戦のご報告

7月26日(日)に実施された第9回境川クリーンアップ作戦は、猛暑日ではあったが、町田稲門会14名、相模原校友会10名の計24名で参加した。
開催趣旨に書いてある通り、この境川クリーンアップ作戦は町田市・相模原市の両市民が、力を合わせて、両市の間を流れる境川を清掃する事業である。
流域に暮らす両市民の交流と境川の環境保全を目指している。
境川クリーンアップ作戦実行委員会が組織されており、町田稲門会・相模原校友会も実行委員会のメンバーとして、9回に及んだ会議に出席した。
われわれは、4~5名ずつグループになって親水広場清掃区間の矢口橋から境橋を担当した。
川のほとり周辺は、発泡スチロールの容器が大量に捨てられてあったり、さびた鉄のパイプ等も捨ててあり、力をあわせて収集した。サイクリングロードは、タバコの吸殻が散乱しているところもあり、はさみを使って収集した。参加した皆さんはすぐに打ち解け、時には談笑しながら清掃作業に、汗を流した。
全会場(5箇所)の参加人数は966名であった。
今年は、特に桜美林学園の学生さんの活躍が目立っていたように思った。
記:佐藤嘉晃
















「2009年ビール工場見学」のご報告

 梅雨明け後、久しぶりの快晴に恵まれた7月26日、ヨドバシカメラ前に午前7時半に集合後、昨年から、相模原校友会有志の方々と町田稲門会有志が合同で参加している、「境川クリーンアップ作戦」で、境川のごみ拾いに精を出しました。
 それから約3時間後、好い加減くたびれた後、いよいよ、青年サークル主催によります、「2009年ビール工場見学」に出発と相成りました。
 横浜線町田駅改札口前で、「境川クリーンアップ作戦」に不参加の方々と合流し、東神奈川駅に向かい、同駅で下車後、京急仲木戸駅に向かい、乗車後、生麦駅で下車しました。
 そこから徒歩約10分のところ、クリーンアップ作戦で疲れ、アップアップのおじさんたち総勢21名は、14分かけてちょうど正午に、待望の「キリン横浜ビアビレッジ」に到着いたしました。
 工場見学の行程は、40分でしたが、町田稲門会の藤田会長よりの、「(ビールを飲むのが遅くなるから)質問は駄目だよ」というお達しを一同粛々と守り、工場見学後、やれ嬉しや、ビールとおつまみを頂き、本日第1回目の乾杯。ほとんどの者は2杯目をお代わりし、午後1時5分になったので、工場のお隣にある、パブブルワリー「スプリングバレー」へとなだれ込みました。その2階にある団体専用の貸切スペースで、パーティーAコースを頂くためです。
 パーティーAコースとは、トルティーヤのサラダロール、ガーリックトースト、ソーセージとキャベツマリネ、チキンの香味焼き、本日のパスタ(チーズリゾット)、季節のアイスクリームの6品と、オリジナル地ビール各種、キリン樽詰生ビール各種、ハウスワイン(赤・白)、ウィスキー、ウーロンハイ・生茶ハイ、ソフトドリンクひっくるめて4,000円というもの。
 ビールが来て、相模原校友会会長による音頭で本日2回目の乾杯。いやぁ、それから、飲むこと食べること。2時間制でしたが、食べつつ飲み喋り、まるまる2時間常に、全員の口は動いていたものです。したがいまして、しっかり元は取れたはず。
 その様をみて、相模原校友会の幹事長が「町田の皆さんのエネルギーは凄いや」ときたもんだ。なにしろ、当日は朝7時半集合でしたから、朝食を食べていない者もいたため、なかには、料理を追加注文する猛者もいました。
 来年は、日本酒の蔵見学をしようということで、無事お開きとなったのでした。

記;青年サークル部長:三遊亭らん丈



















リンク
月別アーカイブ