FC2ブログ

テニス同好会のご案内

テニス同好会、7月は16日木曜です。

8月は第3木曜、スクールが夏休みの為、我々も休会とします。
                     
ご連絡先:〒194-0021 町田市中町2-14-4西川自宅
          TEL・FAX/042-723-6549
          E・MAIL=nishi-shimpa@nifty.com       

記;西川



















ボーリング同好会のご案内

25日町田ボウリングセンターにて浅井さん、亀田さん、佐藤さん、清水さん、駒津さん、小生の参加でボウリングを楽しみました。
1ゲーム目は昔を思い出しながらのプレーでまとまらず、2ゲーム目は皆さんある程度まとまってきましたが、また3ゲーム目となると疲れからか乱れが多くなってしまいました。
全体的にはまぐれでストライクは出るものの、スペアがなかなか取れない、せっかくのストライク・スペアのあと3本ぐらいしか倒せないなど、なかなかスコアが伸びないという状況でした。
終了後「魚や一丁」で反省会を持ち、今後毎月第4木曜日に集まってボーリングをしようではないかということになりました。
細々とではありますが、ボーリング同好会の立ち上げとなりました。
次回はつぎのとおり計画いたしましたので奮ってご参加ください。

1.日時   7月23日(木) 11:00~
        10:50 集合
2.場所   町田ボウリングセンター
         JR町田駅南口 ラポール千寿閣となり
         TEL 042-742-3692
3.費用   1600円(貸し靴料含む)
4.ゲーム数 3ゲーム
5.その他  終了後 昼食会 を近くの居酒屋で行います。(希望者のみ)

参加申込み 7月16日までに 益弘宛てTEL又はメールにてご連絡ください。
           TEL: 090-2429-1218
           メール: mas_mas@kch.biglobe.ne.jp

                             記;益弘 昌幸



















俳句同好会6月度句会の報告と7月のご案内

6月の句会は、渋谷守生顧問と高田 紘・松岡 みゆきの3名の新会員を迎え8名参加の句会となりました。
顧問がかってアメリカを訪問された折の、<ロスで聞く日本人の浜千鳥 守生>をはじめ3句を披露され、これに応じて<若葉風守生も来たり俳句会 新八郎>の西川会員の歓迎の句で始まり、充実した句会となりました。
お忙しい中皆様のご参加をいただき、今後の盛会の兆しが見えて参りました。

7月の句会は7月15日(水)18時30分より市民文学館にて、
兼題「合歓の花」・「蟻」・「涼し」にて行います。
また7月31日(金)14時より、相模原校友会に合流しての句会も計画しておりますので、奮ってご参加ください。8月の句会はお休みです。
また、清瀬稲門会ご依頼の「石田波郷全国俳句大会」にもご協力申し上げたいと存じます。
詳細は木内まで御問い合わせください。
電話・FAX042-736-8017

記;木内宗雄









町田稲門会「グルメ」希望の皆様

記;町田稲門会幹事  伊藤 治

紫陽花が輝き、佐藤錦など果物や野菜たちが美味しいこの頃、皆様にはお健やかにお暮らしのことと拝察申しあげます。日ごろから稲門会運営にご協力いただき感謝申しあげます。さて、私は、「食べ歩き・グルメ(仮称)」担当の幹事をやりなされ、と申し付かりました。
稲門会活動にそのような集まりのニーズあることも知らずにおりましたところ、つい先日「グルメ愛好者が20人余登録済み」という情報に驚き、「グルメ」には縁のない自分ですが「これは何とかしなくては――」との気持ちから、ここにご案内をお届けする次第です。「食する」には、堅苦しいルールもないようであり、「気心があって談笑できる」ことがベースかなと感じつつ、ともあれ先ずは市内での会食の設営をということで、第一回を下記にいたしますのでご参加をお待ち申しあげます。


日時;7月19日 日曜日 午後6時から
会場;醤油料理 「天 忠」 
町田市中町1-3-4 TEL042-739-1303
参加費;一人7,000円―――当日申し受けます。
(スタートは 「和食」にしようかと思案していましたところある御仁に紹介いただきました。
醤油は 和 の真髄とも言われますので)。

初回は、その後の会の進め方について意見交換させていただきます。今後は「次回主催担当」を互選で進行願うのがよろしいかと存じます。  

参加ご希望の方はご連絡ください。(会場の都合もあり先着20人です) 
連絡先;
伊藤 治  TEL&FAX044-701-3655 ケイタイ;090-4910-8767
「会の名称・進め方・味わいたい料理など」お知らせください。
この会の推進役として、三遊亭らん丈さんのご協力をいただきますことを申し添えます。











エッセイ同好会議事録

平成21年第2回定例会
■ 開催日 :平成21年6月11日(水) 18:00~20:00
■ 会場 :中央公民館:学習室6
■ 出席者 :志村宏(S42理工)、伊藤直美(H1文)、江尻一征(S41理工)
                 (議事録作成:江尻担当)(順不同、敬称略以下同様)
■ 定例会の内容:
1. 第2回目のエッセイ披露会は、以下のエッセイについて説明披露を行った。
「吟詠を親しむ」(仮題) :江尻 一征

2. これまでの投稿エッセイは以下の通りで、少しずつエッセイが集まりつつある。
1)「母を背負う」 :志村 宏
2)「犬は知らないふりをしているだけである」 :伊藤直美
3)「伝統芸能文化の保護について」 :鈴木 慧
4)「地元の桜まつりに参加して」 :村崎 努
5)「吟詠に親しむ」 :江尻 一征

3. その他:
多岐に亘るテーマが今後も期待でき、各位から今後、「ゆっくりでいいですからマイペース」で作成されたテーマが投稿されることと思います。

次の町田稲門会・エッセイ同好会定例会は8月第2木曜日(13日)です。
新入会員を募集します。

記:町田稲門会エッセイ同好会 江尻一征









卓球同好会のご案内

第5回卓球同好会(21年6月8日)
森兼謹朔先輩(昭16専商卒)卓球協会参与がご指導

 奥山正彦(42)さんを加えて、賑やかになった第5回は、森兼先輩の経験を踏まえたご指導があり、練習方法に新機軸を取り入れました。終わりには、シニア向け特別健康体操を披露してくださいました。今後の日程は、次の通りです。

6月29日(月)15:00-18:00
7月20日(月)15:00-18:00
8月10日(月)15:00-18:00
8月31日(月)15:00-18:00

会場は サン町田旭体育館 多目的室
(バス乗車)
町田バスセンターから
藤の台団地行き
町田駅POPビル前から
野津田車庫行き
鶴川駅行き
(バス下車)
「体育館前」


記:馬場

卓球1

卓球2

卓球3











六大学野球春季リーグ戦早慶戦記

天気予報に心配しながら朝早く目が覚めた。天気は曇りながら時折太陽もみせるという。
早慶戦は雨になるわけがない、と独り言をいいながら町田駅に、
途中中野屋さんで弁当を仕入れ駅に向かう。駅では佐藤さん、岡村さん、益弘さんと合流し、
神宮球場へ。信濃町駅ではいつもより応援が少ないよな~、斎藤は土曜日投げちゃったし、
優勝はないし、でも早慶戦は僕たちにとって別だよな~、な~んて。
佐藤さん、益弘さん、岡村さんは先発は松下だ、いや大石だ、なんて予想している。歴代で誰の
球が一番速いか、江川が一番だと益弘さん。球がホップする?どんなに速くても球はホップしない、
と岡村さん。星野が聞いたらビックリするほどの評論家ぞろいである。
先発は福井である。ありゃ!ショートの大石ってピッチャーの?背番号は15?ホントかよ?
野手の奮起を促す應武監督の先を見た作戦だ!なんて佐藤さん納得しないで首をかしげる。
それが、2回に大石が3塁打、福井がホームランを打つし、5回までに6対3と楽勝ムードで~す。
点が入っても紺碧を肩酌み交わし歌えないのがちょっと残念!まあいいか、7回には校歌を歌うぞ!
ありゃ!5回終了から雨脚が強くなり、緊急退避です。僕は晴天を信じてきたので、雨具がありゃ
しません。先輩達は裏切って傘や雨具持っています。岡村さんが、おいカッパ貸してやる!と
見るとピンク色のド派手なカッパです。どうせならエンジ色にしてくれたらよいのに。
でも助かりました。ありがとうございます。
結局、我々は、そこでわが母校の勝利を信じて神宮球場を後にしたのであります。
当然二次会は町田「庄や」で執り行いました。
試合結果は6対5で早稲田の連勝で春季2位となりました。
それは当然として、早慶戦で雌雄を決し、優勝してこそ美酒に酔えるというものです。
そうではありませんか!春季の早慶戦は甚だ不本意であります。
斎藤も、土生も、松本も、宇高も精進し秋には奮起して、優勝の美酒を酌み交わせるよう
頑張ってほしいと願います。
今回は5回で退場したため観戦記が成り立ちません。秋にはその感動を十分伝えられることを
期待します。
5月31日(日)
六大学野球春季リーグ戦早慶戦
今回参加者:岡村さん、佐藤さん、益弘さん、吉田以上4名

記;吉田











俳句同好会6月句会のご案内

間もなく梅雨の時期を迎えます。
今月の句会は
日時;6月17日(水)18時30分より
場所;文学館ことばらんど3階5号会議室
投句;兼題の「梅雨」・「鰻」・「黴」のほか
当季自由題の合計5句
042-739-7118までファックスにて
会費;300円
その他;近隣稲門会の連絡事項などがございます。
記;木内











囲碁将棋たより

囲碁将棋同好会各位へ

平成21年第5回同好会
■ 開催日 :平成21年6月1日(月) 13:00~17:00
■ 会場 :囲碁将棋サロン「本因坊・町田」(竹内ビル)
■ 出席者 :春畑陞(S37文)、白水順三(S31政経)、後藤直樹(S38政経)、
太田皓久(S32政経)、岡田正記(S37法)、折茂尚夫(S41理工)
(議事録作成:江尻担当)(順不同、敬称略以下同様)
■ 同好会内容:
1. 今回の定例会は、本年第2回の「囲碁大会」を楽しみました。戦績は以下の通りです。
優勝:後藤直樹(S38政経)
2位:太田皓久(S32政経)

2. 本年当面の企画事項:
(1) 第7回月曜定例会は、予定通り、7月6日です。次回は四半期ごとの大会とします。大いに力を振るってご参加下さい。
(2) 第3土曜日(6/20)は、三田会の方々との合同定例会です。先月も多数の参加でした。
(3) 「厚木稲門会」との親善囲碁会は、別途日程調整をしますので、各位の参加をお願いします。

来月定例会は、7月6日です。
次の第3土曜日(6/20)もお楽しみ下さい。


記;町田稲門会囲碁将棋同好会 江尻一征                      



六大学野球春季リーグ戦早慶戦記

天気予報に心配しながら朝早く目が覚めた。天気は曇りながら時折太陽もみせるという。
早慶戦は雨になるわけがない、と独り言をいいながら町田駅に、途中中野屋さんで弁当を仕入れ駅に向かう。駅では佐藤さん、岡村さん、益弘さんと合流し、神宮球場へ。
信濃町駅ではいつもより応援がすくないよな~、斉藤は土曜日投げちゃったし、優勝はないし、でも早慶戦は僕たちにとって別だよな~、な~んて。
佐藤さん、益弘さん、岡村さんは先発は松下だ、いや大石だ、なんて予想している。
歴代で誰の球が一番速いか、江川が一番だと益弘さん。球がホップする?どんなに速くても球はホップしない、と岡村さん。星野が聞いたらビックリするほどの評論家ぞろいである。
先発は福井である。ありゃ!ショートの大石ってピッチャーの?背番号15?ホントかよ?
野手の奮起を促す應武監督の先を見た作戦だ!なんて佐藤さん納得しないで首をかしげる。それが、
2回に大石が3塁打、福井がホームランを打つし、5回までに6対3と楽勝ムードで~す。
点が入っても紺碧を肩組み交わし歌えないのがちょっと残念!まあいいか、7回には校歌を歌うぞ!
ありゃ!5回終了から雨脚が強くなり、緊急退避です。僕は晴天を信じてきたので、雨具がありゃしません。先輩達は裏切って傘や雨具持っています。岡村さんが、おいカッパ貸してやる!と見るとピンク色のド派手なカッパです。どうせならエンジ色にしてくれたらよいのに。
でも助かりました。ありがとうございまうす。
結局、我々は、そこでわが母校の勝利を信じて神宮球場を後にしたのであります。
当然二次会は町田「庄や」で執り行いました。
試合結果は6対5で早稲田の連勝で春季2位となりました。
しかしながら諸先輩方,我早稲田は早慶戦にただ勝てばよいというものではありません。

それは当然として、早慶戦で雌雄を決し、優勝してこそ美酒に酔えるというものです。

そうではありませんか! 春季の早慶戦は甚だ不本意であります。
斉藤も、土生も、松本も,宇高も精進し秋には奮起して、優勝の美酒を酌み交わせるよう
頑張ってほしいと願います。
今回は5回で退場したため観戦記が成り立ちません。秋にはその感動を十分つたえられる
ことを期待します。

5月31日(日)
六大学野球春季リーグ戦早慶戦
今回参加者:岡村さん、佐藤さん、益弘さん、吉田以上4名

おしまい

第10回・第11回サロン・ド・町田のご案内

「第10回サロン・ド・町田」
 
 会員のみなさん、我が国の経済はどうやら薄日が差し込んできたようです。
この先、徐々に晴れていくのか、また曇り空に戻って以前のような土砂ぶりになってしまうのか。
現在は微妙な踊り場に差しかかったといってもいい状況です。
 この先の経済をどのように読んでいけばいいのか。
元経済新聞経済部長、元TV東京副社長の川内正人さん(S58年卒) のご託宣を楽しみませんか。
以下の要領で開催します。

日時      09年6月27日 (土) 午後6時30分から
会場      町田中央公民館第3、4学習室
定員先着   30人
会費      1000円
問い合わせ  浅井光雄(721-2166)、岸本洋平(090-6777-1144)
申し込み先  浅井光雄

第11回 「サロン・ド・町田」
きょしょう・司馬遼太郎の小説、随筆を読まれていない方はいらっしゃらないのでは・・・。
日本の歴史を愛し、登場人物に愛情に満ちた眼差しをおくった「司馬遼の世界」を、文芸春秋社の元司馬遼太郎担当の編集者・和田宏さん(S40年文卒)がたっぷりと語ります。 

是非、ご参加を! 

日時      09年7月31日 (金) 午後6時30分から
会場      町田中央公民館第1,2学習室
定員      55人
会費      1000円

問い合わせ  浅井光雄 (721-2166)、岸本洋平(090-6777-1144)
申し込み先  浅井光雄

町田稲門会 女性サークル 春・夏のお出かけ

皆様如何お過ごしでしょうか。
さて、しばらく間があきましたが、
女性サークルより楽しい企画のお知らせをいたします。

群馬県の伊香保温泉で一泊して美肌づくりをし、翌日栃木県の足利市近郊にある栗田美術館をおとずれるという企画です。
伊香保温泉では、リーゾナブルなお値段の洋式旅館「ぴのん」に泊まります。
栗田美術館は、伊万里・鍋島の陶磁器を数多く展示し世界陶磁器館も併設、ミュージアムショップ・レストランも充実しており必見です。

ご一緒にでかけませんか? ( 実費・約2万5千円程度 )

  日時    6月 24・25 
  出発    新宿駅より高速バス・伊香保温泉行きAM8:30 
         片道2300円(帰りは、JRで 1890円)
    
  旅館    洋風旅館 ぴのん 温泉あり 
           一泊(ツイン)10,290円(夕・朝食付) 
         「ぴのん」のホームページはここをクリックしてください

         美術館入場料 1550円(割引あり)

その他ランチ代・移動の交通費などかかりますが、リーズナブル
をモットーに一泊旅行をたのしみます。特に、陶磁器に御興味を
お持ちの方は、必見の美術館のようです…

お問い合わせ・お申し込みは 吉村こずえまで
042-797-2069まで FAXお待ちしています















リンク
月別アーカイブ