FC2ブログ

ピアノサロンのご案内

お陰様で定員いっぱいになりましたので締め切りとさせていただきます。是非次回のピアノサロンもお楽しみになさってください!!
久しぶりにピアノサロンを開きたくお誘い致します。
今回は、朗読の白石さん、 カルテットの馬場、野村,浅井、村主の都合で、
日程を独断で決めさせて頂きました。

開催日   ; 2008年12月1日(月)
開始時間 ; 正午頃
場所    ; 村主宅 玉川学園8-15-22 電話 042 810 3335
参加要領 ; 各自(又は1グループ)1品持ち寄り。(手造り品、購入品、すし、
         おにぎり、赤飯、乾き物、果物、お菓子、酒、ワインその他)、
         事前調整させて頂く事もあり ますので、恐縮ですが前もって
         お知らせ頂ければ幸いです。
会費    ; 500円(各自)ビール代等
人数    ; 15名位(定員になり次第締切りとさせて頂きます)
演し物   ; 朗読(白石さん) 男性カルテット(馬場、野村、浅井、村主)
         ピアノデュエット(村主夫妻)
         飛び入り大歓迎です。
お申込先 
        浅井 042-721-2166 E-Mail mmasai@d2.dion.ne.jp
        村主 042-810-3335 E-Mail kazsuguri@jcom.home.ne.jp        
    
前回出ていただいた佐藤夫人、令嬢生希子さんはご多忙で参加されません。
食べて、飲んで、語り合って愉快なひと時を皆様と過ごしたいと思います。
記;村主 一彦  

第8回境川クリーンアップ作戦 シンポジウムへのお誘い

この夏、7月27日に実施した第8回境川クリーンアップ作戦を踏まえ、来年の実施に向け、「クリーンアップ作戦の大先輩である鶴見川流域クリーンアップ作戦の取り組みから学ぶシンポジウム」が下記にて開催されます。
今年、町田稲門会は、年度方針である「地域社会への貢献事業」の一環として、初めて「境川クリーンアップ作戦」に参加いたしました。特に県境である境川のクリーンアップということで、御隣の相模原校友会様とコラボレーションし、『早稲田大学 連合 町田稲門会・相模原校友会』という団体名で登録、約30名でクリーンアップを行いました。今回のシンポジウムでは、中流A会場担当の町田稲門会も第1部の報告会で発表する事となりました。
つきましては、是非とも、皆様の応援御参加をお願いしたいと思います。
宜しくご協力の程お願い致します。
なお、入場は無料です。


(1) 日時:2008年11月1日【土】 13:30~16:30
(2) 場所:コメット会館 5階ホール 
       町田市原町田5-4-19 (電話:  042-728-9778)
(3) 内容:【第1部】報告会 参加者からの報告(町田稲門会からも発表)       
       【第2部】講演会 講師:岸 由二 氏(慶應義塾大学教授)
       ・テーマ:鶴見川流域クリーンアップ作戦の取り組みに学ぶ
       【第3部】懇親会 立食パーティー方式(会費:1,000円)
(記:  町田稲門会 幹事長  守屋 孝)

「第28回 まちだ公民館まつり」のご案内 ~発表の部~

第28回まちだ公民館まつりの発表の部「町田の真打を囲む会」では、

三遊亭らん丈氏(H19年社学卒)による落語口演が行われます。
皆様、是非らん丈さんの落語をお楽しみください。

日時:10月24日(金)午後3:00~3:30
会場:まちだ公民館 7階 ホール         
町田市原町田6-8-1町田センタービル6階
お問い合わせ先:
三遊亭らん丈(℡ 042-732-2004)

記;町田稲門会副会長 ホームページ委員 大島英彦                            

<早稲田大学グリークラブ100周年記念演奏会>御案内

過日の町田稲門会総会(6/22)において現役グリーが寄付を募りに参り、有志の方々に御厚志を賜りました。間接的な報告ですが、ブラジル演奏旅行が成功裏に終わり、感謝している由の連絡がありました。催事に無縁なOBですが御礼申し上げます。いずれ報告と御礼の意思が届くと思います。
さて、表記演奏会が下記のように開催されます。かなり古いメンバーとして私(西川)も参加します。H18卒の若OBと練習に参加しています。


 (1)日時:11月22日(土)、17:30開演
 (2)場所:サントリーホール 大ホール、    
 (3)内容:外国人作曲家及び多田武彦への委嘱作品の他、
 「明日に架ける橋」、「なごり雪」、
 小田和正作曲「この道を行く」(グリーの為の委嘱曲)、
 「縄文」という重厚な組曲等、 盛り沢山
 (4)チケットはピア扱い(自由席2000円)
 
 なお、総合司会は柿沼郭氏(NHKアナ、s53グリーOB)で、楽しい会話を提供してくれるはず。
 時間のある方、是非、男声合唱を楽しんでみて下さい。

(記:西川 新八郎)     
 

「第28回 まちだ公民館まつり」のご案内 ~展示の部~

日頃「町田稲門会」が会議で使用させていただいている「まちだ中央公民館」では、公民館を活用し各種活動を行っているサークルにその成果や作品を発表、展示する「公民館まつり」を毎年行っております。今年は市制50周年冠事業として「ひろがる夢」というタイトルをつけ開催されます。
町田稲門会はこの記念すべき年に参加することにいたしました。
なお、町田稲門会のサークル名は「稲門町田交流を考える会」で登録しております。

今回、我が町田稲門会からは、書道(書道同好会部長:平野福蔵氏)と絵画(幹事:工藤国広氏、幹事:江尻一征氏)作品が展示されます。 
会員の皆様におかれましては、是非、お誘い合わせの上、来館くださいますようお願いいたします。


(1)日時:10月24日(金)~26日(日) 10時~17時
(2)内容:作品展示  書道(10点)、絵画(油彩8点)
(3)会場:まちだ公民館 6階 情報・資料コーナー         
        町田市原町田6-8-1町田センタービル6階
(4)お問い合わせ先:
       書道:平野福蔵(℡ 042-723-2451)
       油彩:工藤国広(℡ 080-5528-4235) 
      
(記:西川 新八郎)  

2008早稲田祭のご案内

2008年早稲田祭が11月2日・3日開催されます。昨年は「早稲田の底力」と題して行われ、今年は、「まだまだ知らない、早稲田がある」のキャッチコピーのもとで、政治経済学部2年生の「早稲田祭2008」運営スタッフ・ 渉外局校友チームチーフ 笹内俊希君や小山内悠子さん達が皆様の来場をお待ちしております。彼らから早稲田祭の下記の企画概要を送ってもらいました。なお、昨年は町田稲門会として最終日のパレード企画に参加し、早稲田界隈を練り歩きました。会員の皆様におかれましては、「心のふるさと」早稲田大学へ皆で行きましょう!!
記; 町田稲門会  幹事長  守屋 孝



以下「早稲田祭2008」運営スタッフからのご案内です

「早稲田祭2008」概要
【日程】:2008年11月2日(日)、3日(月・祝)
【会場】:早稲田大学 早稲田キャンパス・戸山キャンパス
※大久保理工キャンパスでは11月1日~3日に第55回理工展が開催されます。
【主催】:「早稲田祭2008」運営スタッフ
【予想来場者数】:約16万人(昨年度実績値:約16万人)
【予想参加団体数】:約400団体(昨年度実績値:約400団体)
※参加団体とは「早稲田祭2008」に参加するサークル・ゼミなどのことです。
【主な予定企画】:パレード、ゼミ企画、演劇祭、音楽祭、芸術展etc

「早稲田祭2008」は、早稲田大学における年に一度の早稲田文化の祭典です。
早稲田が生み出す学生文化を体感できる11月2日(日)・3日(月・祝)、この日本一輝く2日間を皆様どうぞご期待ください。
「早稲田祭2008」当日の校友専用控え室について
「早稲田祭2008」当日の11月2日(日)・3日(月・祝)両日とも、大隈記念タワー(26号館)最上階の校友サロンが12時~18時まで一般開放となりますのでどうぞ控え室としてご使用ください。なお、校友サロンはフリードリンク制(コーヒー、お茶類、レモネード等)となっております。

※インターネット上から下記のURLにアクセスしていただくと、「早稲田祭2008」における企画の紹介や運営スタッフの取り組み等の詳細がご覧になれます。 是非ご活用ください。
「早稲田祭2008」 公式サイト URL
http://www.wasedasai.net/




「早稲田祭2008」企画概要
「早稲田祭2008」運営スタッフでは、本年度のキャッチコピーである「まだまだ知らない、早稲田がある」の下、ご来場の皆様方に、今までは気づかなかった新たな早稲田の側面を発見していただくべく、当日に向けて以下の企画を計画しております。これらの企画を通して、早稲田の底知れないエネルギーや可能性に触れていただきたく思っております。校友の皆様にも必ず満足していただけるコンテンツであると確信しております。是非、11月2日(日)、3日(月・祝)、「早稲田祭2008」にご来場いただき、これらの企画をご観覧して頂けたら幸いです。
以下に各企画について記載します。

Pre-Festival
【日時】11月1日(土) 19時10分~(早稲田祭前夜)
【場所】大隈講堂 大講堂
早稲田祭史上初、祭りの前の『祭』。祭り本番に向けて、意気を高揚します。
早稲田祭前夜、大隈講堂にて何かが起こる…!!

Opening Festival
【日時】11月2日(日) 10時~
【場所】早稲田キャンパス構内と大隈講堂前ステージ
日本最大級の学園祭「早稲田祭2008」の開幕を飾るオープニングセレモニー!
これから始まる「早稲田祭2008」の2日間へ向けて、(昔から変わらない)早大生の熱い想いと勢いが爆発する瞬間を体現します。

Festive Social Responsibility
【日時】11月2日(日)・11月3日(月・祝) 
【場所】早稲田キャンパス 8号館(大隈銅像側)、北門内側
Festive Social Responsibilityとは、「学園祭の社会的責任」という考えです。「早稲田祭2008」公式グッズ(シリコンバンド・フェイスタオル・タンブラー)を製作・販売し、その収益をカンボジアの学校建設のための資金として寄付します。「早稲田祭2008」のチャリティー活動です。

戸山芸術展
【日時】11月2日(日)・11月3日(月・祝) 両日10時~17時
【場所】戸山キャンパス 
⇒戸山カフェテリア、38号館AV教室、32号館224教室
 芸術活動を行っている早大生から、作品を募り「早稲田祭2008」当日、戸山カフェテリア等において2日間だけの美術館を作ります。色々な特集を組むことで、型にはまらない早稲田でしか作れない美術館を作りだします!
主な展示品
絵画・イラスト・写真・書道・模型・フィギュア・折り紙・CG・服飾品・生け花・小説・詩・短歌・映像作品・グラフィックアートなど

音自慢2008 合同音楽祭
【日時】11月2日(日)・11月3日(月・祝) 両日10時~17時
【場所】11月2日(日) ⇒戸山キャンパス 戸山カフェテリア内
11 月3日(月・祝)⇒早稲田キャンパス 7号館305教室
11月2日の方は、『戸山Classics』と題して、アコースティック系の演奏を行う団体を集めました。主な参加ジャンルは古典芸能や民族音楽です。
11月3日の方は、『Rock in Seven』と題して、ロックバンド系の電子機材を用いる団体を集めました。ノリノリな音楽です。

Waseda AcadeMIX
【日時】11月2日(日)・11月3日(月・祝) 両日11時~17時
【場所】早稲田キャンパス 6号館311教室、313-2教室、317教室
早稲田の各分野で活躍しているゼミの発表を一般来場者対象の内容で開催し、様々な分野の研究を一度に見せられる「場」をつくります。来場者の方々に、早稲田のゼミも東大、慶大に劣らないほど盛んに活動していることをアピールしていきます!
※企画の詳細は、今回同封いたしました『「早稲田祭2008」学術企画ご来場のお願い』という文書をご参照ください。

演じ色~早稲田演劇短編集~
【日時】11月2日(日)・11月3日(月・祝) 
両日  第一部12時30分~  第二部 13時35分~
第三部 14時40分~  第四部 16時~
【場所】早稲田キャンパス 6号館420教室
早稲田の演劇は高いレベルを誇るにも関わらず、例年、早稲田祭にほとんど参加が見られませんでした。本年度は、そんな早稲田の演劇サークルにターゲットをしぼり、短編の演劇祭を開催します。
※企画の詳細は、今回同封いたしました『演じ色~早稲田演劇短編集~』の広報ビラをご参照ください。

「早稲田祭2008」パレード~君繋(きみつな)~
【日時】11月3日(月・祝) 16時25分~17時30分
【場所】早稲田キャンパス構内及び周辺地域
早稲田に集う参加者みんなで作り上げる、人と人とをつなぐパレード。各参加団体(サークルなど)が、パフォーマンスをしながら練り歩く姿は、まさに必見!今年の目的は、所属団体の枠を越えた、参加者すべての心を繋ぐことです。昨年度から校友の方にも参加していただいています。

Ending Festival
【日時】11月3日(月・祝) パレード企画終了直後~
【場所】早稲田キャンパス及び大隈講堂前ステージ
「早稲田祭2008」に参加した全団体、そして祭の来場者の方々と、日本最大規模の学園祭を創り上げた感動を分かち合います!コンセプトは、「早稲田を構成しているのはあなた(早大生・校友・地域etc)だ」です!

連絡先
「早稲田祭2008」運営スタッフ
渉外局校友チーム
笹内 俊希 Shunki Sasauchi
〒162-0052  新宿区戸山1-24-1早稲田大学学生会館E339室
TEL/FAX (03)3207-0408


「秋の墓参会」への参加報告

今回、早稲田大学春秋会主催の「秋の墓参会」に初参加しました。
母校縁の方々の墓参と言う事で、まず会費の3,000円を払い10人程度で都電にて早稲田から雑司が谷へ移動、このグループには相模原校友会の戸塚幸吉先輩、応援団OBの石田明人氏もおり、 和気藹々です。
御存知かと思いますが都立「雑司が谷霊園」は私が知ってる限りでは永井荷風、東條英機、小泉八雲、大河橋蔵、愛知揆一、泉鏡花、いずみたく、サトーハチロー、江戸屋猫八、千葉定吉(坂本竜馬の剣の師匠)、金田一京助、古川ロッパ、窪田空穂、市川左団次、白鳥庫吉、竹下夢二、島村抱月、夏目漱石、尾上菊五郎、ジョン万次郎、川口松太郎・浩・三益愛子・野添ひとみ、安藤鶴夫etc埋葬されております。
最初、我々は早稲田大学校歌作曲者・東儀鉄笛先生の墓所清掃し墓参後、応援団OB石田氏の指揮の下、校歌1番(直ぐ側が民家の為)を抑え気味に歌う、続いて母校第一応援歌「紺碧の空」の作詞者・住 治夫先生の墓所清掃墓参の後、同様に「紺碧の空」を歌い、次に進む。
この墓地最後の墓参は「学生野球の祖」安部磯雄先生の墓所を清掃・墓参してここでは校歌を歌う。
ここまでは墓所にお清めの水や清掃道具そして花束は持参。昼は恒例の蕎麦屋「甲州屋」でお清めをしつつ蕎麦の昼食。午後は徒歩で文京区大塚の護国寺(1681年犬公方で有名な徳川綱吉の母・桂昌院の願いで建立)へ移動。
大隈重信先生の墓所である。初めての訪問で胸躍る気持ちと敬虔な気持ちで参加。境内に入り、大隈先生の眠る墓所へ、墓所は100坪以上もある。入り口の門の前にシメントリーの鳥居がある。お寺内に鳥居が在るのは神仏混交の名残とか。
この鳥居の由来やいろいろな事を講和していただく。ここは清掃道具は完備しており、軍手、ほうき、ちりとりで参集した仲間と15人程で1時間ほど草取り、水をかけ墓石の清掃等をする。明治の大政治家の墓所は違うものだと関心関心!
大隈先生は実家の佐賀では「髪の毛」を埋葬して仏となっていますが、ここ護国寺では神道で「神」となり、戒名はない。
全員で神道にのっとり二礼二拍一礼で墓参し、早稲田大学校歌を3番まで心置きなく歌い、全ての行事を終了しました。墓参は春・秋の年2回が恒例となっており、町田からは「中島姉妹」参加しているそうです。
町田稲門会の皆様も、「護国寺」を訪ね大隈先生の墓前に立ち、墓参してみては如何でしょうか!!
以上簡単ですが、ご報告致します。

町田稲門会  幹事長  守屋  孝

墓参会2

墓参会1

秋季代議員会のご報告

秋季代議員会が9月26日(金)17:00~大隈講堂で全国の代議員、北は北海道、南は沖縄から各支部代議員が参加し行われました。
開会に先立ち、物故者に対し黙祷を捧げました。会長挨拶(白井総長)、福田秋秀代表幹事の挨拶が済み、福田代表幹事司会の下、
【協議事項】
1、2007年度決算報、2、推薦校友候補の承認
【報告事項】 
1、賛助代議員名称贈呈(町田は1952.法学卒の武藤夫先輩がS1982/6/1~2006/5/25町田稲門会幹事長代議員、2006/5/26~2008/5/31町田稲門会選出代議員を歴任し、贈呈されました事を報告します。) 
2、代議員・支部長等異動の件 
3、2008年稲門祭の件
東京三多摩が主幹となり立川稲門会の志村順子実行委員長の挨拶がありました。
4、その他質疑応答
新宿稲門会から「奨学金は成績の良い者だけではなく、母校の為になる元気の良い学生にも与えて欲しい」旨の意見がありました。校友会費の半分は奨学金に当てているそうです。 又、立川稲門会の鴛海会長から「地区に在住の現役学生との交流をもっと進めていくべきだ。そしてその彼らがこれからの母校を活性化していく原動力になる」との提言があり、幾つかの質疑応答の後、御開きとなり大隈ガーデンハウスに会場を移して懇親会となりました。 
なお、次期春季代議員会は2009.3.14【土】大隈講堂にて開催予定です。

追記)代議員会で配布された資料:【稲門会運営の手引き】に記載があった中での関係事項を記します。
《早稲田大学校友会へ登録されている稲門会には以下のメリットがあります》
町田稲門会は登録稲門会に指定されておりますのでこのメリットが受けられます。
・早稲田学報「稲門だより」への、総会等イベント告知・開催報告の投稿受付
・校友サロン内、小会議室の利用《予約制》
・大学紹介ビデオ・校友会旗の貸し出し
・校友ホームページ「校友会支部・稲門会検索」に登録
http://tomon.waseda.jp/cgi-bin/tomon/tomonkai.pl
★・早稲田大学校歌のCDを1枚希望により提供。
これから請求します。
★・校友のセミナーハウスの利用
以上
記:町田稲門会 幹事長  守屋 孝

囲碁将棋同好会たより

平成20年第12回同好会
■ 開催日 :平成20年10月6日(月) 13:00~17:00
■ 会場 :囲碁将棋サロン「本因坊・町田」(竹内ビル)
■ 出席者 :春畑(S37文)、白水(S31政経)、大川(S35商)、
 丸山(S33理工)、後藤(S38政経)、折茂(S41理工)、
(議事録作成:江尻担当)(順不同、敬称略以下同様)
■ 同好会内容
1. 今回の定例会は、自由対局を楽しみました。

2. 本日定例会での連絡事項
(1) 第8回稲穂会囲碁大会開催の概要報告
(2) 厚木稲門会との親善囲碁大会について:
厚木稲門会から11月16日開催を提案されていたが、町田稲門会側の参加者が調整出来ないため日程をずらすか、新年に開催するよう先方に提案する旨相談しました。
(3) 稲門祭の景品は大島副会長が届けて戴き、各位に手渡しました。
「夫婦箸」を要望の方へは、品物が届くのが遅れていますのでお待ち下さい。
抽選券は大島副会長預かりとしました。

3. 本年当面の企画事項:
(1) 新年度の運営について:
本年は、第3月曜日も自由参加の定例会を同会場で同時間、開催してきました。
来年は、現在仕事しているため月曜日は参加不可の方々のために土曜日に変更する旨を相談し、概ね賛同されました。
第何週にするか別途相談させて戴きます。
(2) 厚木稲門会との定期親善囲碁会:日程は厚木稲門会に変更提案しています。
(3) 三田会との囲碁親善会:来年度、改めて検討します。
(4) 年内定例会四半期囲碁大会は、12月実施とし、同時に忘年会を開催します。

4. 次回11月度・定例会:11月3日(月曜日)です。
以上
次回定例会はは11月3日です
自由参加の第3月曜日もお楽しみください


町田稲門会囲碁将棋同好会
平成20年10月6日
記;江尻一征

秋季早慶戦へのお誘い

10月に入り、冷え冷えした朝を迎える日が到来します。
正に実りの秋、スポーツの秋になりました。
今年の東京6大学は春季で早稲田の4連覇の夢を明治大学に阻まれましたが、秋季はこの悔しさをバネにして雪辱を旨に斉藤祐樹君を軸に緒戦から好調です。今や斉藤君のみならず優秀な後輩も続々と輩出しており楽しみであります。
秋季の早慶戦では優勝を賭けた試合になるものと思われます。慶応に勝って、御一緒に「早稲田の栄光」を神宮で歌いましょう!
尚、準備の都合上御出席の方は必ず、担当の『岡村』の方へ参加の連絡を10月20日までにお願い致します。

連絡先;町田稲門会スポーツ観戦同好会部長  岡村 岑生
     電話 090-3317-6270
     メール mineo.okamura.0520@docomo.ne.jp
日 時;2008年11月2日(日曜日) 
     集合 午前10時  
     集合場所  小田急町田駅新宿行きホーム特急券売り場の前
会 費;¥2千円(一般内野席券と飲み物付き)

記;町田稲門会スポーツ観戦同好会部長 岡村 岑生

囲碁将棋同好会たより

平成20年第8回稲穂囲碁大会
■ 開催日 :平成20年9月28日(日) 11:30~17:00
■ 会場 :早稲田大学新学生会館 4階 403、404、405
■ 出席者 :江尻(S41理工)
(議事録作成:江尻担当)(順不同、敬称略以下同様)
■ 大会内容:
1. 大会名:「第8回稲穂囲碁大会」  
【囲碁会(早稲田大学)現役と校友囲碁愛好家との親善囲碁会】
2. 主催:オール早稲田囲碁祭世話人代表 志水一夫
3. 本大会は今年で8回を迎え年々参加者が増加しており、会場の都合もあり、東京23区、三多摩の囲碁愛好家と囲碁会現役が参加しての個人戦で開催されました。
試合は、8クラスに分かれて各クラス8人のハンディ戦(持点による)
以下の写真がその様子と集合写真です。
4. 参加者:59名(内:現役囲碁会は8名参加)
因みに、最上位クラスの優勝者は、現役の有我朋大君(6段、社学1年)でした。
5. 町田稲門会・囲碁将棋同好会の次回10月度・定例会:10月6日(月曜日)です。
以上

町田稲門会囲碁将棋同好会
平成20年9月28日
記;江尻一征

いなほ囲碁大会1

いなほ囲碁大会2

俳句講演会と稲門会第1回俳句同好会開催のお知らせ

かねて御案内して来ました俳句同好会の俳句教室を下記要領にて開催します。
発足会の意味も込めて講演会を開催し、第1回といたします。
俳句ってどんなものか興味のある方、生まれて以来1度でも五七五で何かをつぶやいた経験のある方、時間の都合の付く方、奮ってお出掛け下さい。
知っている1句又は、好きな1句を心に御持参頂けると幸せです。
お待ちしております。

           
日 時:2008年11月7日(金)、18:00~21:00
     部屋は17:30~開いてます。
場 所:町田文学館、2階第1会議室
会 費:500円(講演の後の教室の参加費として)
内 容:講演「俳句とは」/俳句の歴史・生活と俳句など(最初の40分)
     講師=木内 宗雄(s36・教)/現埼玉読売俳句教室講師(結社「秋」同人)

俳句同好会会長 木内 宗雄(s36・教)
記; 同事務局  西川新八郎(s38・理)
    




第6回「サロン・ド・町田」のご案内

いま、世界中が金融恐慌の淵で立ちすくんでいます。
その実情は!底の深さは!どう対処すれば!―。
「第6回サロン・ド・町田」は、以下の要領で米国に端を発した現在の危機状況を正しく理解するため、緊急解説を行います。講師は第3回に「サブプライム問題」をやさしく解説していただいた保谷政孝さんです。保谷さんは野村證券のOBで、現在は証券カウンセラーとして各地で講演をされています。
会員の皆さん、是非、お聞き逃がしのないように。


タイトル  「世界恐慌の淵で」
講師    保谷政孝さん 
日時    10月28日(火)午後6時30分から
会場    町田中央公民館第2学習室
会費    お一人500円(当日、会場で)
お問い合わせ 岸本洋平(090-6777-1144) 

町田稲門会女性サークル秋のお出かけ ご案内

新しいお仲間と「芸術鑑賞と昼食会」を楽しみましょう
フェルメールを東京都美術館で鑑賞し、その後、上野の料亭にて昼食をとる予定です。


  ・日時  10月16日(木)
  ・集合  小田急町田駅 AM9時ころ
  ・予算  およそ5500円ほど

参加ご希望の方は吉村こずえまでご連絡をお願いいたします。
詳細をFAXにてお送りいたします。
電話;042-797-2069

リンク
月別アーカイブ