FC2ブログ

カラオケ会のご案内

町田稲門会カラオケ愛好者の皆様
残暑ならびに大雨お見舞いもうしあげます。
久し振りにカラオケ会を開きたいと思いましてご案内もうしあげます。是非ご参加ください。


日時: 9月18日(木) 18:00集合
場所: ①懇親会 「町田御膳」町田市森野1-23-21吉川ビル1階
             (町田駅と市民ホールの中間、イワキ眼鏡の裏)
18:00~19:30頃まで 会費3,000円~3,500円
     
②カラオケ会 スナック「珈瑠談(カルダン)」(町田市役所正面)
19:45~22:00頃まで 会費2,500円~3,000円

ご出席の方は下記までご連絡ください。

浅井 光雄
自宅 : 南大谷1627-5
TEL&FAX : 042-721-2166
携帯 : 090-4614-1017
E-mail : mmasai@d2.dion.ne.jp 

記;浅井光雄

町田稲門会俳句同好会設立のご案内

<新しい同好会発足のお知らせ>
「設立趣旨書」
暦の上では処暑(暑さがおさまる候)を迎えましたが、まだまだ暑い日が続くでしょう。『あかあかと日は難面(つれなく)も秋の風』-芭蕉-
 『をりとりてはらりとおもきすすきかな』-蛇笏-  の季節となります。
五七五の韻律は体の中で心地良い響を奏でます。
また、句を詠むことは人の句を読むことに通じます。
十七音という小さな器の共有で、稔り豊かな時間を耕してみようではありませんか。
                                   木内 宗雄
 この度「俳句同好会」を発足いたします。
活動名称を「町田稲門会俳句教室」とします。
市内には俳句を楽しむ多数の方々がいらっしゃいますが、稲門会会員が俳句を通して交遊を図る場があっても良いのではないか、俳句を通しての校友の交わりも愉快ではないかと思います。他稲門会の活動事情も参考にしながら、下記の要領で活動を開始します。
興味ある方々の参加をお待ちしております。
平成20年8月末日 発起人/木内宗雄(s36・教育)、西川新八郎(s38・理)


「活動要領」
●リーダー(指導者=同好会部長、結社にあらず指導的立場としての呼称):木内宗雄(s36・教育)
/俳人協会会員、結社「秋」「昴」同人、師は石原八束。飯田蛇笏(早大中退)の孫弟子に当たる。
●事務局:西川新八郎(s38・理)/結社「往還」会員。村崎努(h10・商)
●会費等:参加費・消耗品代として500円/回。ゆくゆく、お持ちで無い方は歳時記や辞書をお買い頂くことになるでしょう。
●連絡先(参加申込み等):
木内宗雄(s36・教育)/042-736-8017(兼FAX)、090-1214-9548
西川新八郎(s38・理)/042-723-6549(兼FAX)
◎活動の第1段階(基本講座):俳句とは?を語り、俳句の基本を説く教室を開設。歴史、原則、定型、季語、切れ等を中心に、俳句の楽しみ方を共有します。勿論、漸次加入の方々に対してのオリエンテーションも行います。=1回/月、平日の午後2時間、109、文学館等で。
周知を見計い概ね20年年末スタート、約半年6回開催を見込みます。
◎活動の第二段階(句会開催):自作俳句を持ち寄りメンバー相互の俳句鑑賞を行います。二句提出、感想を述べ合う。この場で基本を固めじっくり勉強します。
基本講座終了後、1回/2ヶ月、平日の午後3時間、109、文学館等で。
◎活動の第三段階(吟行開催):原則、市内の名所等に赴き作句、喫茶店等で相互俳句鑑賞会を開催。
参加者の集まり具合を見ながら柔軟に開催方法を考えます。概ね1年~1年半後から定期化して行きたい。                              
以上
記;西川新八郎

早稲田大学総長室主催「いなほ名人会」のご案内

あなたは最近、心の底から笑ったことはありますか?
この秋、稲門芸人が大隈小講堂に集結します!

「笑いは心と身体に良い!」
寄席を中心とした日本の伝統演芸による笑いの輪を、早稲田から世界に拡げる。
それが「いなほ名人会」です。

早稲田の地で、思いっきり笑いの世界に浸ってみませんか?


◆日時:2008年10月25日(土)15時開演(14時開場)
◆会場:大隈小講堂 ※入場無料

◆出演:神田紅・柳家小菊・桂右團治・マグナム小林・柳亭こみち・柳亭市朗

内容の詳細と、お申し込みはこちらのHPからお願いします
クリックしてください→http://www.waseda.jp/alumni/inaho/inahomeijinkai.html

FAXでお申し込みの場合;03-3202-8129
①氏名②住所③電話番号④FAX番号⑤人数(2人まで)⑥学生・校友・一般の別
をお書きの上お送りください。

応募者多数の場合は抽選になります。

記;町田稲門会

青年サークル主催第2回ビール工場見学記 三遊亭らん丈

さる8月18日、快晴の下、浅井光雄(昭和35年法)、村主一彦(昭和35年理工)、飯田和男(昭和36年理工)、佐藤嘉晃(昭和38年文)、大島英彦(昭和41年理工)、駒津博憲(昭和42年商)、柏木芳夫(昭和48年商)、加藤光生(平成3年商)、村崎努(平成10年商)、三遊亭らん丈(平成19年社学)の有志10名が、小田急線町田駅下りホームに午後1時に集合し、アサヒビール神奈川工場目指して、下り急行電車に乗り込みました。
新松田駅に下車すると、目の前にあの有名な「マニラ食堂」が、中華、和食というメニューを従えて、あたりを睥睨していました。
どうして新松田に、「マニラ食堂」があるのかは、不明ではありますが。
そこから、富士急湘南バスに乗り、20分後、目的地「アサヒビール神奈川工場」に到着しました。2002年に出来たばかりなので、広大な敷地に現代的な建物があり、なのに、機械化が進んでいるために、働いている人が少ないのが特徴でした。所在地は、神奈川県南足柄市怒田です。
行程90分の見学コースの最初は、映画見物。
この時間(14:30)の見学メンバーは、われわれ10名を含めて、総勢14名。
それにしても、われわれは案内のお姉さまに、質問ばかりしているので、なかなか進まず、可哀想なのは、ご一緒したその他4名の方々。
その方々は、ただ見学後のビールを飲みたいだけなのかも知れず、それだけだったら、説明は適当に聞いていればいいのに、われわれは、「ビールの製造過程で入ったゴミは、どうするんですか」って、取り除くに決まっているではないですか。お姉さまが呆れていました。ぼくは、村崎くんに慌てて、稲門会の旗を仕舞うように指示したのでした。
そんな質問を、われわれの誰かが、90分間延々としていました。
ぼくは、早くビールを飲みたいだけなのに。
見学が終わり、待望のビールの試飲。3杯以内であれば、スーパードライ、黒生、ハーフ&ハーフの3種類を飲めるので、それぞれ、堪能しました。
写真は、そのときのもの。
おみやげに発泡酒の「クリアアサヒ」が、一本サービスで付いていました。
工場を後に、となりにあるビール園での、食べ飲み放題の3800円コースに我ら10名は、なだれ込みました。
それは、ジンギスカン3種盛り合わせで人数分のラムチョップがサービスという代物。ラムロール、特選ラム、ラムロースの3種ですが、このように、ラム尽くしですから、塩辛が食べたいだの、冷奴が食べたいだのの、リクエストには一切応えられませんでした。
ビールは、スーパードライ、黒生、プレミアムビール熟撰の3種のほか、日本酒、焼酎、ウィスキーが飲み放題。
しかし、これは、はっきり言って失敗でした。
やはり、還暦過ぎの先輩方には、ラム食べ放題はかなりのご負担だったようで、次回は、キリンビールの生麦工場横浜ビアビレッジへの見学にしようということで意見の一致を見、麻雀組は町田駅界隈のどこかへ消え、自然解散となった一日でした。ちなみに、らん丈は、途中トイレが我慢できず、本厚木駅で慌てて降りた次第です。情けない。
                                    記;三遊亭らん丈
2008ビール工場見学

三遊亭らん丈の「ふるさと町田寄席」開催ご案内

町田稲門会副幹事長でもある、三遊亭らん丈さんが、「ふるさと町田寄席」
を開きますので、ご興味のある方は、是非お越しください。

日時:2008年9月6日(土)午後6:15開場、午後6:40開演
場所:町田市民フォーラム ホール[3階]
http://www.city.machida.tokyo.jp/shisetsu/com/com14/
入場料:前売り券1,000円〔当日券1,200円〕
ゲスト:後藤光男(早稲田大学)教授
お問合せ:waseda@ranjo.jp
記;町田稲門会

囲碁将棋同好会たより

平成20年第10回同好会
■ 開催日 :平成20年8月4日(月) 13:00~17:00
■ 会場 :囲碁将棋サロン「本因坊・町田」(竹内ビル)
■ 出席者 :春畑(S37文)、白水(S31政経)、岡田正記(S37法)、
        二宮嘉昭(S33教育)、太田皓久(S32政経)、大川(S35商)、
        門松(S42法)、折茂(S41理工)、後藤(S38政経)、
        江尻(S41理工)
        (議事録作成:江尻担当)(順不同、敬称略以下同様)
■ 同好会内容:
1. 今回の定例会は、自由対局を開催しました。
2. 本日定例会での連絡事項
(1) 町田稲門会ホームページの「囲碁将棋同好会」に関する記載事項の改訂について伝達を行いました。
各位においては、検索し確認されることをお勧めします。
3. 本年当面の企画事項:
(1) 今月から、第3月曜日も自由参加の定例会を同会場で同時間、開催します。
奮って、参加されお楽しみ下さい。
(2) 厚木稲門会との定期親善囲碁会:厚木にて、9月実施予定です。
(3) 三田会との囲碁親善会:別途日程調整を行います。
4. 次回第9回定例会:9月1日(月曜日)です。
次回は、四半期ごとの「囲碁大会」です。奮ってご参加下さい。
以上

次回第9回定例会は9月1日(月曜日)です

町田稲門会囲碁将棋同好会
平成20年8月4日

記;江尻一征

8月2日「新人歓迎会」のご報告

連日真夏日が続きますが如何お過ごしでしょうか!
8月第一週の土曜日(8月2日)夕方、今年新入会の8名(今年の新規入会は27名)を迎えて、まちだ中央公民館にて藤田会長以下役員による新人歓迎会を行ないました。
会長の挨拶の後、幹事長の守屋より町田稲門会の沿革と成立ちを概説しました。
今回のイベントの主旨は新人の方に町田稲門会を理解して頂き、会の活動に参加し易い様にとの事で開きました。そして、今回御参加の8名に入会の動機と自己紹介を順にして頂きました。全員が今年の総会案内が契機となり入会したようです。
新人の中には29歳から90歳までの人がおり、ある人は神宮の早慶戦でクリーンアップをつとめ3番を打っていた方、俳句の指導者、ソバリエ、かつて大阪の稲門会、練馬・府中稲門会の人など、多士済々です。
幹事長が町田稲門会の補足説明をした後、出席した役員の自己紹介と担当同好会の説明と勧誘を各自延々と続ける始末、時間オーバーはいつもの事・・・・。質疑応答は場所を変えてという事で小田急駅北口『土風炉』に集合、其処での会話は盛り沢山で記載できませんが、新旧会員共々楽しい時間を過ごす事が出来ました。これから、新会員が各同好会に参加するかと思いますので既会員の方々は楽しく参加できる様な気配りでお迎え願います。また、今回参加できなかった新人の方もどしどし気に入りの同好会に参加して同窓の方々と沢山知り合いに成って頂きたいと思います。宜しくお願い致します。これからはビール見学や映画音楽同好会やカラオケ同好会、ゴルフ同好会、マージャン同好会、秋の早慶戦など盛り沢山です。
逐次ホームページ等でご連絡いたしますので、ご参加ください。

                  記;町田稲門会 幹事長  守屋 孝

《新人参加者》
石塚 勝典(S42政経)木内 宗雄(S36教育)杉本 弘子(S57文学)関口 将幸(H13商学)藤田 成和(S45理工)村崎 努(H10商学)森兼 謹朔(S16専商)横山  功(S30教育)
《役員参加者》
藤田 安彌(S38法学・会長)大島 英彦(S41理工・副会長)浅井 光雄(S35法学・副会長)岡村 岑生(S35商学・副会長)西川 新八郎(S38理工・幹事)佐藤 嘉晃(S38文学・幹事)岸本 洋平(S40商学・幹事)吉村 こずえ(S49教育・副幹事長)工藤 国広(S38商学・幹事)池田  孝(S30商学・幹事)守屋  孝(S47教育・幹事長)

080802新人1

080802新人

080802新人

リンク
月別アーカイブ