FC2ブログ

第8回稲門映画同好会開催案内

今回は「三丁目の夕日」「続・三丁目の夕日」とします。
まだご覧になっていない方はどちらか一つでも結構です。
各自で事前に見ておいてください。

パソコン画面でDVDを観ながらお話を進めたいと思います。
(機器の状況により上映できない場合もあります/TUTAYAの説明です)

この映画の今日的意味と映画の時代(東京タワー建設中)
について語り合いましょう。



日 時:2008年7月12日(土)18:00~
場 所:町田市中央公民館(109)、学習室6
テーマ:「三丁目の夕日」「続・三丁目の夕日」

*今後の希望、思いついたテーマがあれば出して下さい。

進 行:上記DVDを参考にしながら、映画と映画音楽について語ります。
食 事:軽飲食持込可(後片付けは厳格に)
注 意:集合:18:05(部屋は6時キッカリにしか空きません)。
       後ろの時間は余裕があります。
       
問合せ、出欠は西川(下記)迄
E-Mail:nishi-shimpa@nifty.com
TEL・FAX:042-723-6549


記;西川新八郎


第5回「サロン・ド・町田」のご案内

さあ、町田稲門会の皆さん「サロン・ド・町田」に集合しましょう。今回のテーマは中国です。日中関係は、昨年、貿易と人的交流の両面で日米関係を追い抜いてしまいました。今年はさらに弾みがついているはずです。「米国を取るか、中国を取るか」の言葉は、もはや意味をなさなくなりました。現実面では、日本にとって中国は将来を生き抜くためのパートナーになっているのです。
「サロン・ド・町田」は、中国について何回かシリーズ展開を行います。その第1回は7月3日(木)午後6時から市民フォーラムビルで開催します。今回の講師は、NHKのOB野瀬一郎・横浜市立大学講師(S35年、第1文卒)です。皆さん、是非、夏宵のひととき野瀬さんの講話を聞いて、ご自身の「知の貯金箱」の中身を膨らませてください。


テーマ    「知られざる中国、その素顔」
講師     野瀬一郎氏
日時     7月3日(木)午後6時―7時30分
会場     市民フォーラム第1会議室
      (午後5時45分にいつもの109ビル6階事務局前に集合してください)
会費     一人500円(講師の謝礼に充当します)
連絡先   浅井光雄 E-mail; mmasai@d2.dion.ne.jp
       岸本洋平 携帯   090・6777・1144

以上

早慶戦観戦記

6月1日《日》午前9時39分に小田急線町田駅上りホームロマンスカーチケット売り場前に集合。
既にチケット購入済みの会員の提案に合わせて、初めての経験になりますがロマンスカー特急スーパーシート(2階車両の上部席)に乗り込み、新宿経由信濃町より神宮球場に向かいました。
ここ数日雨や寒い日が続く折、この日ばかりは晴天の清々しい青空の日差しを受けながら、参加者10名でネット裏直ぐ横の一塁側内野席《昔の三角席と呼ばれた野球部OB席》の素晴らしい席で観戦を楽しみました。
残念ながら優勝から見放された試合と言えども「伝統の早慶戦」は流石に人気が高く、ほぼ満席の観衆の中、御目当ての「斉藤佑樹」君の先発で試合が開始されました。
我々は11時頃よりスタンドインしていた為に、試合前の応援合戦の興奮の中、ついつい飲みすぎて1時の試合開始前に出来上がってる人もいましたが、気分爽快な一日を過ごしました。
右後ろの席には6月22日の町田稲門会総会で講演予定の露木茂・和子御夫妻の姿も見受けられ、守屋幹事長と大島副会長はご挨拶に伺い、親睦を深めておりました。そして、左後部席には町田稲門会発足時の先輩で、現在、千代田稲門会副会長の保志場宏様にも偶然遭遇し、楽しくもビックリしました。
試合は明治戦で足を痛めた斉藤君が今一つで2本の本塁打を打たれ、また、慶応大学相澤投手の緩急にスライダーを交えた頭脳的な投球に翻弄され「2対0」の完敗でした。
久し振りの神宮球場で昔を懐かしみ、思い出にふけりながら町田に戻り、反省会でも話が弾み楽しい一日でした。
特に今回は初参加の柏木さん、新入会の藤田さんが加わり町田稲門の輪が広がりつつあるのが実感できました。

記;町田稲門会 スポーツ観戦同好会部長 岡村 岑生

(出席者:順不同)
大島 英彦(S41理工) 村主 一彦(S35理工) 佐藤  嘉晃(S38文学) 
岡村 岑生(S35商学) 守屋  孝 (S47教育) 佐藤 尚徳(H14教育) 
鈴木慧(S45商学) 益弘昌幸(S42理工) 柏木 芳夫(S48商学) 
藤田 成和(S45理工)

早慶戦10

早慶戦9

早慶戦8

早慶戦6

早慶戦5

早慶戦4

早慶戦3

早慶戦2

映画試写会 「ラストゲーム 最後の早慶戦」を観て

5月19日に大隈講堂で上記映画の試写会があった。
この映画は、太平洋戦争真っ只中の1943年に早稲田大学戸塚球場で、幾多の困難を乗り越えて、今も語り継がれて歴史に残る伝説の試合を実現した男たちの、実話から生まれた感動作である。
主要キャストも柄本明、石坂浩二、藤田まこと、富司純子、原田佳奈、他若手俳優も実力派揃いで充実していて見ごたえがあった。流石に新装なった大隈講堂も満員で、終了後思わず拍手をしたくなるほどの出来栄えであった。
当日は、先輩の元総理森喜郎氏も見えていて終了後挨拶をしていた。
なお、この映画は8月より全国一斉ロードショーの予定ですので、早大OBは一度観られてもよろしいのでは。
参加者は、池田(S30商)、駒津(S42商)、守屋(S47教育)、浅井(S35法)の4名
記;浅井光雄

囲碁将棋同好会たより

平成20年第6回同好会
■ 開催日 :平成20年6月2日(月) 13:00~17:00
■ 会場 :囲碁将棋サロン「本因坊・町田」(竹内ビル)
■ 出席者 :須藤(S36理工)、春畑(S37文)、白水(S30政経)、
 太田(S32政経)、二宮(S33教育)、大川(S35商)、
 折茂(S41理工)、後藤(S38政経)、江尻(S41理工)
(議事録作成:江尻担当)(順不同、敬称略以下同様)
■ 同好会内容:
1. 今回の定例会は、四半期毎の囲碁大会を開催しました。
優勝:後藤(S38政経)、
二位:二宮(S33教育)、
三位:折茂(S41理工)
2. 本日定例会の議事概要
(1) 須藤部長からの連絡事項
1) 6月22日総会への参加要請
町田稲門会の運営について、総会に参加の上で、改善要望を含めて建設的意見を提言するよう要請がありました。
2) 2008年稲門祭記念品購入要請:囲碁将棋同好会で「5万円」の割当があること。各位積極的参加するよう要請がありました。
(2) 囲碁将棋同好会会員の勧誘について:
・ なかなか会員の増員が出来ない状況にあり、各自で知人勧誘を行うことが話し合われました。
・ 早稲田学報への投稿、町田稲門会ホームページへの掲載を継続して不特定の会員の勧誘を図る。
3. 本年当面の企画事項:
(1) 鶴巻温泉日帰り囲碁同好会の開催:別途日程調整を行います。
(2) 後藤会員宅での囲碁同好会の開催:別途日程調整を行います。
(3) 三田会との囲碁親善会:別途日程調整を行います。
(4) 厚木稲門会との定期親善囲碁会:9月実施予定です。
(5) 町田市文化祭における囲碁大会に、当会からも積極的に参加する予定とします。
4. 次回第8回定例会:7月7日(月曜日)です。
    皆様のご参加をよろしくお願いします。
    以上

次回第8回定例会は7月7日(月曜日)です

町田稲門会囲碁将棋同好会
リンク
月別アーカイブ