FC2ブログ

早稲田大学創立125周年記念 大学野球交流戦 観戦記

スポーツ観戦同好会で、上記イベントに行きました。

参加者は;
浅井(35法)、佐藤(尚)(H14教)、村主(35理)、田村(39商)、
馬場(32文)、松岡(推) の6名
大島氏は急用で直前のキャンセルとなりましたが、チケット代はお支払い頂きました。
会場は西武球場で、遠い(町田ー新宿ー池袋ー西武球場)で2時間近くかかりますので、年配の会員が来られなかったり、途中キャンセルがあったりで予定人数に達しませんでした。
1936年に中断されて以来72年ぶりのプレーボールでしたが、
東京ドームで松阪が投げた、アスレチックス対レッドソックス戦があったりして、観客の入りはチラホラで1000人位だったでしょうか。
7時プレーボールの所、勝手がわからないので5時半過ぎに到着。
カン、ビン持込禁止なので、球場近くのAm/Pmで弁当と、つまみを仕入れて入場し、中で思いおもいにアルコール等を仕入れ、開戦を待ちました。
内野の自由席でしたが、早稲田側はよい席がなさそうだったので、あえてシカゴの3塁側、ネット寄り最前列に陣取りました。
シカゴ大の卒業生らしいアメリカ人達が、校章の入った60センチ程の細長い風船を配って応援してくれといい、我々の優勢は分かっていたので、もっぱらシカゴを応援していました。
72年ぶりの対戦でしたが、1910年シカゴ大が来日して以来、戦争で中断される1936年迄の対戦成績は相互訪問で、1916年迄19戦全敗、トータルで、10勝33敗3引分けと、彼我の差は歴然でした。
しかし、その後の日本の学生野球の進歩は目覚しく、広島で15対0、大阪で8対1、今回の所沢では8回に原の2点本塁打もあって、10対0と圧倒的な3勝0敗でした。
ピッチャーは;シカゴ大 ギンズバーグーマクノログーゴンザレス、
        ;早稲田大 須田ー高橋ー日野ー大野ー斉藤でした。
紅1点の松岡さんはお目当ての斉藤佑樹君が9回に投げると、佑ちゃん~~と黄色いメガホンで声をあげていました。
試合は9時過ぎに終わり、一緒に帰途につきましたがなんとかその日のうちに帰り着きました。

シカゴ戦-1 2008


シカゴ戦2-2008


シカゴ戦3-2008

町田稲門会のお花見会開催のお知らせ

昨年に引き続き町田稲門会のお花見会を行います。
ご家族の方々も御誘い御出でください。

(1)日時  平成20年3月30日(日) 午前11時~
(2)場所  芹が谷公園         
          *町田稲門会の小旗を目印にお集まりください。
(3)会費  500円(ビールやおつまみ等を購入)
(4)1品を各自お持ち願います。
(5)世話役:
        浅井副会長(℡:042-721-2166)
        村主副会長(℡:042-810-3335)
                        
芹が谷公園地図

町田稲門会 女性サークル 春のお出かけ

いよいよ春の近づきを感じる今日この頃です。
4月9日の日程を次のように立てましたので、皆様にお知らせいたします。


集合;小田急町田駅 9時15分                 
出発;町田発  9時24分 (快速急行新宿行き)
乗り換え;代々木上原 9時55分 (地下鉄千代田線)
到着;乃木坂 10時06分
国立新美術館             
「モディリアーニ展」鑑賞 (前売り1200円、当日1500円)
あの名作から、知られざる原点まで 

黒川紀章氏のデザインした新しい美術館です。20世紀初頭にパリで活躍したアメディオ・モディリアーニの名作とその創造の源となったプリミティブ芸術の影響を受けた、知られざる初期の作品が展示されている展覧会です。
芸術鑑賞のあと…
ランチ 12時30分頃から (3000円程度) 
白石さんのお勧めのレストラン 「ヒルズ・クラブ」にて昼食
眺めの良い51Fで、 お食事を楽しみます。
その後は様子を見てから ウィンドウショッピングなどを楽しみ
4時頃に町田に帰る予定です。
   
お申し込みのまだのかたは(T・F 042-797-2069)
吉村こずえまで早めにご連絡ください。

「サロン・ド・町田」(第4回)のお知らせ

皆さん、町田稲門会の村主一彦副会長をご存知だと思います。
グリークラブOBとして今でも歌いまくっている村主さんは、また別の顔をもっています。
定年退職後、単身でケニアに渡って通信技術を教えた、たくましさと優しさに溢れたボランティアのキャリアがあるのです。
今月の「サロン・ド・町田」は、「村主さん ケニア体験を語る」です。前回は装置不調で画面が出なかったため、延期となりました。悪戦苦闘と楽しさのどちらが先だったのか、まあそれはお話を聞いてから…。
思いっきり笑いたい方、びっくり仰天したい方は是非、お越しください。


日時 3月31日(月)午後6時
会場 町田中央公民館(109)6階視聴覚室(1、6階の案内板に掲示します)

第7回稲門映画同好会開催案内

日 時:2008年05月10日(土)、18:00~21:00
場 所:町田市中央公民館(109)、学習室6
テーマ:「60年安保の思い出、そして60年代へ」を語る。

同好会外からの参加もどうぞ!(席数15)


1960年は皇太子御成婚、長島展覧試合本塁打、早慶6連戦等々の年、ミシェル・ルグランのミュージカル『シェルブールの雨傘』の物語も60年に終わっています。
『華麗なる賭け』のテーマ、「我が心の中の風車」も彼の曲。
そして64年の『007・危機一発=ロシアより愛をこめて』の封切。
これは去年の『007・カジノロワイヤル』へ続く世界的メガヒット。
60年安保世代から今日までを語りましょう。
*残念ながらミシェル・ルグランの2作はTSUTAYAに無し。
観た人も観てない人も、観ていなければDVDを。
*今後の希望、思いついたテーマがあれば出して下さい。
進 行:上記音源を聴きながら映画音楽を語ります。
     今回は特に、同好会外からも、60年代への思いを募ります。
     テープ又はCD用意あり。
食 事:軽飲食持込可(後片付けは厳格に)
注 意:集合:18:05(部屋は6時キッカリにしか空きません)。
     後ろの時間は余裕があります。
問合せ、出欠は西川(下記)迄
E-Mail:nishi-shimpa@nifty.com
TEL・FAX:042-723-6549

                                   ―以上―

早稲田大学創立125周年・早稲田大学VSシカゴ大学 野球交流戦

チケット申し込みの期限は、
日刊スポーツ新聞社によると3月12日という事です。


日時  ’08.3.25 19時プレーボール
球場  所沢 西武球場
費用  チケット代 1,800円他 チケットは町田駅でお渡しします。
集合  町田駅新宿方面プラットホーム エレベーターと特急券売機の間
     15時30分(アクセスに1時間半ちょっとかかりますので、
     場所取りも考えて早めにしました)


現在の所、下記の方々のお申し込みを頂いています。
浅井(35商)、飯田(36理)、池田(30商)、江尻(41理)、大島(41理)、岸本(40商)、小林(35政)、坂井(37政)、佐藤(38文)、白石(42文)、杉浦(33文)、村主(35理)、野村(推)、松岡(推)、守屋(47教)
3月12日迄に、ふるってお申し込み下さい。また、都合のつかなくなった方もご連絡下さい。
お申し込み先は ; 
小林明夫 nori-p2415@m6.dion.ne.jp
042-736-2408
村主一彦 kazsuguri@jcom.home.ne.jp
042-810-3335

こちらから電話を差し上げる事もありますので、あしからずご了承下さい。
以上宜しくお願い致しします。
村主 一彦

囲碁将棋同好会たより

平成20年第3回同好会
■ 開催日 :平成20年3月3日(月) 13:00~17:00
■ 会場 :囲碁将棋サロン「本因坊・町田」(竹内ビル)
■ 出席者 :須藤(S36理工)、白水(S30政経)、太田(S32政経)、
  折茂(S41理工)、門松(S42法)、前田(S32商)、春畑(S37文)、
  江尻(S41理工)(議事録作成:江尻担当)(順不同、敬称略以下同様)
■ 同好会内容:
1. 今回の定例会は、今年第1回目の「囲碁大会」(四半期に一度)として行いました。
2. 対戦結果:(優勝/2位)
Aグループ:門松/春畑
Bグループ:白水/江尻
3. 終了後、6名のご参加を戴き、懇親会(場所は「北の家族」)を和やかに開催しました。
4. 本年当面の予定:
(1) 次回第4回定例会:4月7日(月曜日)です。
(2) 鶴巻温泉にて、第1回「日帰り囲碁・温泉・会食会」は3/21(金)です。
 当日、町田発「9:22」に乗車して、鶴巻温泉で下車します。
 現在、参加予定者は、以下の通りです。
 春畑、折茂、白水、後藤、江尻
 その他の方々も是非ご参加下さい。
 参加希望の方は、江尻(090-8847-3528)までご連絡下さい。
皆様のご参加をよろしくお願いします。
次回定例会は4月7日です。
かつ、鶴巻温泉囲碁会は3月21日です。

以上

第2回レコード音楽鑑賞会のご報告

冬晴れの日曜日、鶴川駅から車で10分ほどの鶴川サナトリウムに近い杉浦邸において、2月17日(日)午後1時過ぎから標記行事が開催された。
出席者を、女性男性、五十音順敬称略で示すと、以下のとおり11名であった。
馬場サエ子(昭28文)、小林聖子(推薦)、松岡みゆき(推薦)
浅井光雄(昭35法)、飯田和男(昭36理)、石橋紀夫(昭43商)
大島英彦(昭41理)、駒津博憲(昭42商)、杉浦 衛(昭33文)
村主一彦(昭35理)、守屋 孝(昭47教)
 今回も食べ物飲物は恒例の各自1品持寄りでまかなう。
ワイン3本、ビール、ウーロン茶、大学いも、ケーキ、まんじゅう、そして杉浦夫人手作りのサラダと多彩、ホスト役の杉浦氏が本日のプログラムを配布、ワインで乾杯のあと本番のレコード鑑賞にはいる。
先ず、ベートーベンの田園交響曲をフルトベングラー指揮のウィーンフィル(1951年録音)で聴く、耳にしたことのある華麗なメロディーが流れ出し、繰り返されやがてクライマックスに近づきオーケストラの大音響がひびく、盤を変えながら、同じ「田園」でも演奏によってこんなに表現が異なると杉浦氏が解説、熱心に聴き入る人、会話に夢中でBGM化していまう人もいた。
後半は、カウントベーシーやダーク・ダックスなど軽い音楽も楽しんだが、遅れて駆けつけた松岡さんが持参した‘おでん’が大好評で、ジャーいっぱいのだいこんやはんぺんが、あっという間に皆さんの胃の腑に落ちたのが圧巻であった。
LP盤をゆっくり楽しみ、まだ陽があって寒くなる前、4時半過ぎにお開きとなった。
記:飯田和男

レコード音楽鑑賞1

レコード音楽鑑賞2

リンク
月別アーカイブ