FC2ブログ

介護・福祉・ボランティア研究会からのお知らせ

記;佐藤嘉晃

今回は、町田市の老人介護・福祉の実情と問題について
勉強したいと思います。
講師の西潟氏は老人問題の専門家として日ごろ多忙にもかかわらず、
町田稲門会の皆様の熱意に賛同され講演をしていただくことになりました。
多くの皆様のご出席をお待ちいたしております。

                       記
日時:平成19年9月13日(木)午後6時より(時間厳守)
テーマ:町田市における老人介護・福祉の実情と問題点について
場所:町田市中央公民館 6階学習室(3・4)
講師:西潟正明氏(町田市社会福祉協議会在宅支援担当主幹)
会費:500円

この件のお問い合わせは佐藤嘉晃までお願いいたします。
(電話042-797-5024)
終了後、講師を囲んで懇親会を行います。(会費は2000円前後)


 第一回の講演内容のレポートを掲載しております。
 左側のエンジの部分「部会・同好会」をクリックして、
 「介護・福祉・ボランティア」のページに移動してください。
 ←
 

7月カラオケ同好会の報告

カラオケ同好会を7月19日(木)に行いました。18時からの懇親会には総勢6名の出席でしたが、何と、大先輩の渋谷守生最高顧問が初参加し、アルコール抜きのウーロン茶で談笑に加わり、大学の寄付攻勢のことから健康談義等々楽しいひと時をすごしました。忙しい中、守屋幹事長も駆けつけ、一瞬だけ顔をだしました。7時半過ぎからはカラオケタイム。大島副会長は都合で退席しましたが、5人ではすぐに順番がくるので忙しい忙しい。常連の好村さんは張り切ってうれしいうれしい。渋谷さんがこんなに歌が好きだとは知らなかった。一番好きな歌は「ふるさとの灯台」だそうで、先月から参加の早田さんは渋谷大先輩と親しくお話ができて大感激。先着10名様で締め切りのご案内が利き過ぎたかも。参加者は大島、渋谷、村主、早田、好村、浅井の6名。
     なお、8月は夏休みとします。
         また9月にお会いしましょう!

「認知症~あなたはその入口に立っていませんか」

平成19年6月28日(木)の18時より、町田公民館 視聴覚室において、
サロン・ド・町田(岸本洋平会長)と介護・福祉・ボランティア研究会(佐藤嘉晃会長)の共催により、
「認知症~あなたはその入口に立っていませんか」というテーマで講演会(講師 佐藤嘉晃)が開催された。
平日の夜という日程にもかかわらず、11人の熱心な町田稲門会の会員の方々に出席いただいた。
以下は講演の概要である。

はじめに認知症の特徴について説明があった。
認知症の特徴として
(1)一度獲得された知的機能がなんらかの原因によって低下すること。
(2)低下した知的機能によって社会生活や家庭生活に支障をきたすこと。
(3)意識障害がみられないこと(意識は清明である)。
早期診断が重要であるが、早期であればあるほど正確な医学的診断が難しいといわれている。
本論に入り、認知症の基本的な事柄について説明があった。

1.認知症か否かのポイント
 A 記憶の低下(忘れっぽくなる、置き忘れなど)
 B 認知障害(言葉のやりとりが困難、場所の見当がつかない、お金の計算ができないなど)
 C 生活の支障(今までの暮らしが困難、周りの人とのトラブルなど)

2.認知症の原因疾患の比率
アルツハイマー病(50~60%)、脳血管性認知症(30%)、レビー小体症(10%)、その他(硬膜下血腫、栄養障害、脳炎、エイズ、甲状腺機能低下症など 10%)
 認知症イコールアルツハイマー病と考えている人が多いが決してそういうわけではない。脳血管性認知症やレビー小体症、その他の原因によっても起こるので十分注意をして生活する必要がある。(疾患の解説は資料に載せてある。)

3.中核症状と周辺症状
 中核症状としては記憶障害、見当識障害、失語、失行、失認などをあげることができる。
 周辺症状としては暴力行為、幻覚、妄想、抑鬱、不眠、不安、徘徊、不穏、誤認、攻撃性、猜疑心、焦燥、性的逸脱行為をあげることができる。

4.認知症高齢者の心理
 A 普通の物忘れと認知症の違い
健常者は体験の一部のみを忘れるので、体験のほかの記憶から物忘れした部分を思い出すことができる。認知症の物忘れは体験全体を忘れているので思い出すことが困難である。
 B 著しい記憶・認知障害のために生活に支障をきたす。
 著しい物忘れは体験のつながりがないためにいつも不安な気分になる。時にはパニック状態となる。
 場所の見当がつかないと正しい状況がつかめない。
また、簡単な道具の操作ができない等があると混乱をおこし、間違い行動や徘徊がおこる。

5.効果的なコミュニケーション
 具体例をまじえながら説明があったが、項目だけあげておく。
 ① 自尊心をきずつけない。
 ② 情報は近づいて伝える。
 ③ 情報は簡潔に、先のことは伝えない。
 ④ 納得のいくように話す。
 ⑤ わかる言葉を使う。
 ⑥ 感情に働きかける。
 ⑦ 高齢者の話に合わせる。
 ⑧ 現実を知らせる。
 ⑨ 遠い昔話をする。

6.認知症の予防
 町田稲門会の吉村公彦氏より、サプリメントについて、補足説明があったが、運動したり規則正しい生活習慣を持ち、人とのコミュニケーションをはかっていくことが大切である。
(1) 高血圧・高脂血症、肥満などのコントロール
(2) 認知症を予防する食事をとる;塩分を控え目に、禁煙禁酒をする。肉食より魚、野菜、果物をとる。
(3) 適度な全身運動
(4) 身体のコンディションを良好に保つ
(5) 心の栄養をとること;読書・書く事・聴く事・話す事
(6)人とのつながりを大切にすること
(7) 明るい気持ちでふけこまないこと

7.こころの治療的ケアー
 患者の治療について心理面からアプローチする方法について説明があった。
 カウンセリング・図想法・音楽療法・動物介在療法・園芸療法・リアリティオリエンテーション・家族療法・心理劇など。

・講演を終えて感じたこと
老いというのは、加齢にともないかならずやってくる。
認知症に羅患する人もいる。その時に心の準備として基本的知識をわきまえておく必要がある。

・当日使用した資料は残部があります。佐藤嘉晃042-797-5024迄連絡ください。

・今後の予定は未定であるが、介護体験者のシンポジウム・ボランティア活動をしている専門家の講演を聞く等を考えている。

記;佐藤嘉晃 

ラグビー春の早稲田・関東戦(7月1日横浜・三ツ沢競技場)

記;早田喜久男氏
7月1日、三ツ沢競技場で行われたワセダVS関東学院の
ラグビ-は、練習試合とは申せ今シーズンを占う大事な試合。
わがワセダはフォワード戦ではじめから関東を圧倒。
38-0で完封し、1月の大学選手権決勝の雪辱を果たしました。
今年のチームは正直、あまり期待していなかっただけに
その強さにビックリです。胸がスーッとしました。
1年生も将来を嘱望される優秀な選手が沢山入部し、
とても楽しみです。
今年はフォワードが弱体化しているのではないか、と推察していたのですが、層の薄さは否めないですが、スターティングメンバーの8人は予想を遥かに超える体格、体力、スキルを持っているようです。
バックスは今村、首藤、弥富など日本代表クラスの選手が卒業しましたが、それでも相変わらずタレントぞろい。
新人は有田、山中、榎本、中濱、岩井その他高校ジャパンクラスが沢山
入部しており、戦力はこれから益々充実していきそうです。
9月からの対抗戦が楽しみです。

早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイトはこちらをクリック↓
http://www.wasedarugby.com/

カラオケ分科会のお知らせ

7月の音楽同好会カラオケ分科会は下記の通りおこないます。
7月19日(木)
①親睦会 18:00集合 居酒屋清水 727-8266
②カラオケ会 19:30より 喫茶スナック珈瑠談 725-0978

費用概算①、②とも各2,500円位 計5,000円程度の見込みです。

参加希望者は下記 浅井までご連絡ください。会場の関係上先着10名で打ち切らせていただきます。8月は夏休みとしたいと思います。
9月は9月20日第3木曜日を予定しています。

なお、先日第2回会報をお送りした際に、稲門祭福引券販売のお願いを同封いたしましたが、その受付を当日承ります。どうかお買い上げの程よろしくお願い申し上げます。

音楽部会長 浅井光雄
自宅;南大谷1627-5
自宅TEL&FAX:721-2166
MAIL;mmasai@d2.dion.ne.jp
携帯電話;090-4614-1017
携帯MAIL;mm1017asai@docomo.ne.jp

平成19年第7回囲碁将棋同好会のご報告と次回のお知らせ

平成19年第7回同好会

■ 開催日 :平成19年7月2日(月) 13:00~17:00
■ 会場 :囲碁将棋サロン「桂」(新装開店会場)
■ 出席者 :須藤、門松、後藤、角田、太田、大川、岡田、春畑、江尻
          (議事録作成:江尻担当)(順不同、敬称略以下同様)
■ 同好会内容:
1. 今回は定例会として、自由対局を活発に、かつ和やかに、行いました。
2. 従来の点数制に戻り、勝敗を継続記録しています。
3. 囲碁大会は9月と11月とします。他の定例会は自由対局です。
楽しみに、積極的にご参加下さい。
4. その他
囲碁将棋同好会終了後は、懇親会で意見交換・情報交換を楽しんでいますので、是非ご参加下さい。
次回は8月6日です。
以上

定例会以外の日程でも、
随時、自由対局をお楽しみ下さい!

囲碁将棋同好会対局の様子

photo0706.jpg

<テニス同好会・次回、次々回 案内 及び、第2回報告>

      仮部長・西川新八郎(S38理工)
      西川自宅:〒194-0021 町田市中町2-14-4
      042-723-6549
      E・MAIL=nishi-shimpa@nifty.com
 
●テニス同好会第3回、第4回下記要領で行います。4人以上で成立。
 (完全な雨天の場合、西川より中止確認連絡をします。)

                     <記>

1)メンバー: 江尻(s41・理)岸本(s40・政)村主(s35・理)須藤(s36・理)西川(s38・理)馬場(s42・文) 音順・敬称略
2)日  時:
       第3回/8月9日(木) 、am10:00~12:00。
       第4回/8月21日(火)、pm13:00~15:00

        *都合のつく方に御参加下さい。
        *現在、第3回は5名エントリー、第4回は4名エントリー
        (小林さんが初参加予定、江尻さんも第4回に初参加予定)
3)集  合:各am10:00、pm13:00
       下記町田テニススクール、ハウス2階ラウンジ。
4)場  所:町田テニススクール、TEL:042-726-1328
       滝ノ沢西交差点傍、バス停あり。(路線番号不明)
       駐車場、更衣室、シャワールーム完備=利用出来ます。
5)内  容:・ダブルス
・希望によりシングルスマッチ
       ・希望により近くで昼食(割かん)、第4回はお茶
6)会  費: 実費コート代1000円/人=2コート×2時間
        *余剰会費はプール、イベント補助に回します。会計=西川
7)道  具:各自持参。ボール不要(スクールのものを借りる)
                              
                       
●テニス同好会第2回実施報告
7月5日の第2回は5人が参加、岸本、村主、須藤、西川、馬場各氏。
初参加の須藤氏は最もテニス歴長く、鋭いショットを披露してくれました。高校時代からのもので、北米、英国駐在中(勤務先・伊藤忠)も盛んにやられたと。現在週3回プレー。馬場氏は初めてラケットを握って2回目、精進の結果は目覚しいものでした。                           -以上-

<テニス同好会・次回、次々回 案内 及び、第2回報告>

2007年7月5日        

仮部長・西川新八郎(S38理工)
西川自宅:〒194-0021 町田市中町2-14-4
TEL・FAX/042-723-6549
E・MAIL=nishi-shimpa@nifty.com
 
●テニス同好会第3回、第4回下記要領で行います。4人以上で成立。
(完全な雨天の場合、西川より中止確認連絡をします。)

             <記>

1)メンバー: 江尻(s41・理)、岸本(s40・政)、村主(s35・理)、須藤(s36・理)、西川(s38・理)、馬場(s42・文) 音順・敬称略
2)日  時:第3回/8月9日(木) am10:00~12:00。
       第4回/8月21日(火)pm13:00~15:00。
      *都合のつく方に御参加下さい。
      *現在、第3回は5名エントリー、第4回は4名エントリー
      (小林さんが初参加予定、江尻さんも第4回に初参加予定)
3)集  合:各am10:00、pm13:00
       下記町田テニススクール、ハウス2階ラウンジ。
4)場  所:町田テニススクール、TEL:042-726-1328
       滝ノ沢西交差点傍、バス停あり。(路線番号不明)
       駐車場、更衣室、シャワールーム完備=利用出来ます。
5)内  容:・ダブルス
       ・希望によりシングルスマッチ
       ・希望により近くで昼食(割かん)、第4回はお茶
6)会  費: 実費コート代1000円/人=2コート×2時間
      *余剰会費はプール、イベント補助に回します。
       会計=西川
7)道  具:各自持参。ボール不要(スクールのものを借りる)
                                                     
●テニス同好会第2回実施報告
7月5日の第2回は5人が参加、岸本、村主、須藤、西川、馬場各氏。
初参加の須藤氏は最もテニス歴長く、鋭いショットを披露してくれました。高校時代からのもので、北米、英国駐在中(勤務先・伊藤忠)も盛んにやられたと。現在週3回プレー。
馬場氏は初めてラケットを握って2回目、精進の結果は目覚しいものでした。-以上-

介護・福祉・ボランティア研究会講演会ご報告

6/28(木)の夜6時より町田公民館視聴覚室において
サロン・ド・町田(岸本洋平会長)と介護・福祉・ボランティア研究会(佐藤嘉晃)が開催された。平日の夜という日程にもかかわらず11人の熱心な町田稲門会の会員の方に出席いただいた。

当日使用した資料は残部があります。
ご希望の方は 佐藤嘉晃;042-797-5024 までご連絡ください。

第一回福祉レジュメ

リンク
月別アーカイブ